現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 伝統の名門車に切り札登場情報キャッチ!! マークX GRMN II 今夏登場!

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.27

伝統の名門車に切り札登場情報キャッチ!! マークX GRMN II 今夏登場!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタ・スポーツブランド「GR」の頂点モデルが、マークXに追加だ!


 マークXといえば、かつて一世を風靡したマークIIの後継車ながら、近年では人気が低下。次期型は開発されず、数年以内に生産終了との情報が入っている。そんなマークXに今夏、起死回生のスポーツモデルが登場。限定販売となるマークX GRMN IIについて、本誌ではその台数や注目の価格、そしてパワーアップしたエンジンの詳細も掴んだ。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

文:ベストカー編集部


ベストカー 2018年8月10日号

続々登場するトヨタ「GR」の戦略

 トヨタがGR戦略を明確にアピールしたのが2017年の9月19日のことだった。

 それまで「G's」、「GRMN」などモデルごとに散発的にハイパフォーマンスチューンド仕様として存在していたモデルを体系づけて、トヨタ自動車本体が一元管理するなか、戦略的にスポーツモデルを開発、投入していく。これがGRブランドである。

 その象徴的なモデルとして真っ先に発表されたのが1.8Lスーパーチャージャーエンジンを搭載する「ヴィッツGRMN」であり、本格的なシャシーチューニングを施した「86 GR」、「ヴィッツ GR」など。

 また同時に、より手軽にスポーツチューンドモデルの走りを楽しめる「GRスポーツ」をマークX、ハリアー、ノア/ヴォクシー、プリウスPHV、ヴィッツなどに展開し、これらの市販を9月19日、一気に発表したのは記憶に新しい。

 GRブランドは、豊田章男社長が常に口にする「もっといい車作り」を実現するための最前線として、運転する楽しさを体現できる車の開発をし、世に送り出していくことが使命。次々とGRブランドのニューモデルを送り込んでいく計画が進められている。

 この発表会の場で、GRカンパニーの友山茂樹プレジデントは「オリジナルのGRスポーツカーを作りたい」と宣言していたが、これは2018年1月に開催された東京オートサロンにおいて発表された「GRスーパースポーツ」で結実する。

 現時点ではまだコンセプトカーの段階だが、明言されているように、着実に開発は進められていて2019年の東京モーターショーでは市販モデルが発表される計画だ。

 ル・マンで悲願の優勝を遂げたTS050ハイブリッドをロードカーに仕立てたピュアスポーツカーで、2.4L、V6ツインターボ+THS-Rハイブリッドによりシステム出力1000㎰を発揮する。

 このGRスーパースポーツをGR戦略の象徴として、トヨタはGRモデルを幅広く、積極的に展開していくことになる。

400台限定のマークX GRMN IIがまもなく登場!

 現状、マークXのGRモデルは最もチューニングレベルの低い「GRスポーツ」のみが用意されている。これは2017年9月19日に一気に発表された新生GRブランドの1台である。

 パワートレーンには手を入れず、足回りとエクステリアを中心にスポーティな走りを楽しめるチューニングとなっている。

 いっぽう、2015年3月にはマークX GRMNが100台限定で販売されていたことを思い出していただきたい。

 こちらは「GRMN」の名を冠していることからもわかるように、パワートレーンにも手を入れた本格派。

 3.5L、V6エンジン本体には大きく手を入れることはしていないが、最高出力はノーマルの318psから323psに5psパワーアップされている。そしてマークXには設定されていない6速MTを用意しているのが大きなポイント。

 さらに専用サスペンションチューニングに加え、前後異サイズタイヤ(F=235/40 R19、R=255/35 R19)、トルセンLSD、対向4ポッドキャリパーフロントブレーキなどで足回りを強化。

 シャシー補強の追加やボディ補強などに加え、CFRPルーフを採用して軽量化、低重心化を図るなど、かなり本格的な手の込んだチューニング内容となっていた。

エンジンパワー向上に6MTも搭載

 今回、今夏に投入されるのは「GRMN II」ということで、2015年のGRMNのチューニング内容を踏襲しながら最新のサスペンション&ボディ剛性チューニングを加えたものとなる。

 エクステリアは現在のGRシリーズ共通のフロントマスクを踏襲しながらもGRスポーツではクロームメッキだった加飾部をブラックメッキに変更するなど、より精悍なアピアランスとしている。

 エンジンは323ps/38.7kgmの3.5L、V6を搭載し、6速MTが組み合わされることになる。タイヤサイズやBBS鍛造ホイール、トルセンLSD、大径4ポッドキャリパーフロントブレーキなどは2015年のGRMNを踏襲する。

 FRのマークXにGRMNモデルが復活することで、よりクルマ好きの期待に応えることになることは間違いない。

 前回は100台限定販売で即完売だったことを踏まえ、GRMN IIは400台限定となる計画。価格は2015年モデルのGRMNが540万円だったのに対し525万円程度へと価格ダウンして買いやすくなるようだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb ベストカーWeb編集部タカセ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します