現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > JVCブランドからも、ドライブレコーダー発売 「GC-DR3」 JVCケンウッド

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.26

JVCブランドからも、ドライブレコーダー発売 「GC-DR3」 JVCケンウッド

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小型車にも対応 コンパクトボディのエントリーモデル

JVCケンウッドが、JVCブランドより、ドライブレコーダー「GC-DR3」を8月上旬に発売する。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

フルハイビジョン高画質録画、HDR機能に加え、これまで培ってきたJVCのカメラ技術を搭載。コンパクト性と高機能を両立したエントリーモデルとして、拡大するドラレコ市場に向けJVCブランドで展開するという。

同社は2014年12月以降、ケンウッド・ブランドでドラレコを展開してきた。これまで培ってきたケンウッドの車載技術に加え、プロ用ビデオカメラや家庭用ビデオカメラ “エブリオR” で培ったJVCのカメラ高画質技術を生かした商品により、高い評価と販売シェアを得てきた。

新製品は、コンパクトなボディに基本機能を凝縮。JVCのカメラ技術により、手軽に高画質なドライブ映像を記録できるエントリーモデルとして登場した。

「GC-DR3」の主な特長

・幅約62mm×高さ約51mm×奥行約37mmのコンパクトサイズで、小型車にも対応。

・フルハイビジョン(1920×1080)撮影に対応。ナンバープレートや標識など、走行時の映像を細部まで鮮明に記録。

・逆光などの明暗差の大きなシーンでも高画質で安定する「HDR機能」搭載。逆光やトンネルの出入り口などの明暗差が激しい環境での「白とび」「黒つぶれ」を抑える。

また、エンジンのON/OFFに連動した「常時録画」、急な速度変化や衝撃検出時の自動「イベント記録」、内蔵バッテリーを利用した「駐車録画」(待機時間最大約25分)、表示映像の「写真撮影」機能も搭載した。

同社は今後も、ドライブレコーダーの商品展開において、ケンウッドとJVCの両ブランドの特長を生かした技術・性能を備えるとともに、エントリーモデルから高付加価値モデルまで、より充実したラインナップを図ることでユーザーニーズに応えていくとしている。

発売時期は8月上旬。想定価格は、税抜き1万6000円前後。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します