現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデス・ベンツCクラス改良新型、日本発売 価格449万円~

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.25

メルセデス・ベンツCクラス改良新型、日本発売 価格449万円~

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 改良型Cクラス 外装
ー 改良型Cクラス 内装
ー 改良型Cクラス パワートレイン
ー 改良型Cクラス ディーゼル/先進運転支援
ー 改良型Cクラス AMG 43/AMG 63
ー セダン/ワゴン/クーペ/カブリオレ 日本価格

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

改良型Cクラス 外装

メルセデス・ベンツ日本は、改良型Cクラスを発表し、受注を開始した。セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレの4車種同時の刷新となる。

改良型は、インテリジェントドライブがSクラスと同レベルに大きく進化、新開発のパワートレインを導入するなど、安全性と快適性、効率性を高め、デザインを一新した。

新型Cクラスは、前後バンパーを刷新したほか、「LEDハイパフォーマンスヘッドライト」はヘッドライト内部にマルチチャンバーリフレクターが上下4列ずつ立体的に並び、近未来的な印象を演出。

上位の「マルチビームLEDヘッドライト」はEクラスやSクラスと同様のシステムで、片側84個のLED光源を制御可能。最長650m先まで照射するウルトラハイビームも新たに搭載された。

AMGラインは、フロントに新たに「ダイヤモンドグリル」を採用し、左右のエアインテーク部に2本のフィンが装着されるなど、高級感とダイナミックさを両立したデザインに。また、前バンパー左右に新たに設けられたエアカーテンは、バンパーおよび、フロントタイヤ周辺の空力性能を向上する効果があるという。さらに、新設計の「18インチAMG5ツインスポークアルミホイール」は、外周部にプレートを備えるなど、空力性能を追求したデザインとした。



改良型Cクラス 内装

インテリアは、高精細10.25インチの「ワイドディスプレイ」を装備。また、インストゥルメントクラスターの機能を持つ、高精細12.3インチのCクラス専用デザイン「コックピットディスプレイ」は速度計や回転計、ナビゲーションや安全運転支援システムなどの情報を表示することができる。

ステアリングホイールはSクラスと同じデザインの最新世代を採用。手を放さずに、ナビゲーションの操作や車両の設定などが行える、「タッチコントロールボタン」や、「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付き)」を設定するスイッチも備えた。

また、カラーがゆっくりと変化し続ける「マルチカラーアニメーション」を搭載した「アンビエントライト(64色)」を装備するなど、最新のメルセデス・ベンツモデル共通のデザインや装備を採用した。

さらに、総出力225W、9スピーカーの「アドバンスドサウンドシステム」を新たに設定したほか、ハイエンドオーディオ専門メーカー「ブルメスター社」と共同開発した、ふたつのFront Bass・・スピーカーを含む13個のハイパフォーマンススピーカー(総出力590W)、9チャンネルのアンプなどにより、極めて高精細なナチュラルサウンドを表現する「Burmester・・サラウンドサウンドシステム」も選択することができる。



改良型Cクラス パワートレイン

C200 アバンギャルドには新開発の1.5ℓ直列4気筒ターボエンジン「M264」と「BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)」、「48V電気システム」などの新技術を採用。効率性、快適性、高性能化を同時に実現した。

M264エンジン

最高出力:184ps
最大トルク:28.6kg-m

ターボチャージャーにはツインスクロールシステムを採用したほか、可変バルブタイミングを搭載。また、エンジン内部の摩擦低減対策として、メルセデス・ベンツが特許を取得した、「CONICSHAPE・・加工」を採用した。これは、シリンダーウォールをフォームホーニング加工する際に、底部に向けてやや広がる形とすることで、ピストンスカートに発生する摩擦を低減する技術。

さらに、スターターとジェネレーターを兼ねるモーター「BSG」、「48V電気システム」は、回生ブレーキなどにより発電した48Vの電気を1kWhのリチウムイオン電池に蓄電し、必要な際に最高出力14ps、最大トルク16.3kg-mを発生し動力を補助する。

回生ブレーキによる燃費低減効果だけでなく、ターボチャージャーの過給圧が十分に高まるまでの間のアシストを行い、スムーズな加速に貢献。また変速時には、エンジンが理想的回転数に達するまでの時間を最小限に抑えるためのアシストも行う。

そのほかにも、ウォーターポンプが電動化され、冷却能力を必要に応じて最適に調整することができるほか、エンジンを止めた状態で走行するコースティングの実現もトピックだ。



改良型Cクラス ディーゼル/先進運転支援

C220d アバンギャルドにはEクラスにも搭載されている、最高出力194ps、最大トルク40.8kg-mを発生する最新の2.0ℓ直列4気筒BlueTECエンジンを搭載。

従来型のクリーンディーゼルエンジンより高出力化された一方、振動、騒音も低減されており、快適なドライブを実現する。また、シリンダーブロックと、ピストンに熱膨張率の異なる素材を採用することや、メルセデス・ベンツが開発した表面コーティングNANOSLIDE・・を導入することで、摩擦を低減し効率性を向上。

さらに、排出ガス浄化経路の短縮やsDPF(DPF with SCR Coating:選択触媒還元法コーティング付き粒子状物質除去フィルター)を採用するなど、排気の浄化にも注力して開発され、欧州において導入されているRDE(実路走行試験)規制に適合したエンジンとなっている。

インテリジェントドライブ

「新型Cクラス」には、先行車との車間距離のみならず周囲の交通状況(車両、車線、ガードレールなど平行な物体)を監視して、ステアリングアシストの作動が大幅に拡大したインテリジェントドライブを採用。

システム起動時に高速道路上で自動停止した場合、30秒以内(一般道は3秒以内)であれば自動再発進が可能となり、渋滞時のドライバーの疲労を大幅に低減する。その他にも、「アクティブレーンチェンジングアシスト」は、ドライバーがウインカーを点滅させた場合、行き先の車線に車両がいないことを確認して、自動で車線を変更。さらに、走行中にドライバーが気を失うなど万が一の場合には、自動的に車線を維持しながら緩やかに減速・停止する「アクティブエマージェンシーストップアシスト」も搭載した。

テレマティクスサービス

自動車が通信することにより利便性を向上するテレマティクスサービス「メルセデスミー・コネクト」を全モデルに標準装備。

24時間緊急通報サービスなどを最長10年間無償で提供する「安心安全サービス」といった3つのカテゴリーを用意した。



改良型Cクラス AMG 43/AMG 63

「新型Cクラス」には、AMG専用開発のV6エンジンと、AMG 4マティックを備えた「メルセデスAMG 43シリーズ」とトップパフォーマンスモデルの「メルセデスAMG 63シリーズ」をラインナップ。

「43シリーズ」は、ターボの大型化と制御の改良により従来モデルより23ps高出力化し、最高出力390psに。

また、「AMG 4MATIC」を搭載しており、31:69とリア寄りのトルク配分により、スポーツ走行時などで強力なトラクションと安定感あるハンドリングを提供する。

エクステリアは、従来63シリーズに採用していた、イリジウムシルバーマットに塗装されたツインルーバーの「AMGラジエターグリル」を採用。リアには新しく、左右それぞれに「ツインラウンドテールパイプ」を装備した。インテリアには、新たに「AMGパフォーマンスステアリング」を採用している。


「63シリーズ」には、新たに「AMGパナメリカーナグリル」を採用。さらにSモデルには、ステアリングホイールから手を離さずに走行モードを変更することができる「AMGドライブコントロールスイッチ」を装備。右側のスポークの根元に位置するボタンは走行モードを選択。左側はエグゾースト、サスペンション、マニュアルモード、ESPなどの調整を行う。

さらに「AMGパフォーマンスパッケージ」には、耐熱性能の強化と軽量化による性能強化を目的とした「AMGカーボンセラミックブレーキ(前)」と横方向のサポートを強化した「AMGパフォーマンスシート」を採用。トランスミッションは9速のAMGスピードシフトMCTだ。




セダン/ワゴン/クーペ/カブリオレ 日本価格

セダン

C180:449万円~489万円
C200:552万円~580万円
C220d:578万円
AMG C43:940万円
AMG C63:1211万円
AMG C63 S:1379万円

ステーションワゴン

C180:473万円~513万円
C200:576万円~604万円
C220d:602万円
AMG C43:959万円
AMG C63:1235万円
AMG C63 S:1398万円

クーペ

C180:564万円
AMG C43:950万円
AMG C63:1292万円
AMG C63 S:1424万円

カブリオレ

C180:615万円
AMG C43:1003万円
AMG C63 S:1483万円

なお、AUTOCAR JAPAN上でご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『メルセデス・ベンツCクラス改良新型、日本発売』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • wag*****|2018/07/25 13:14

    違反報告

    2年も経てば、中古市場に半値で出回る。
    それを狙います。
  • mak*****|2018/07/25 13:04

    違反報告

    DVDもCDも付いてないみたいですが、こんな風になるの時代の流れなんですかね^^;
    小さな子供がいるので、今回はレクサスにしようかと思っております。レクサスはブルーレイまで可能ですが、ベンツはスマホありきになり過ぎで悲しいです。
  • oku*****|2018/07/25 17:51

    違反報告

    「CONICSHAPE・・加工」
    21世紀でも、こういう機械的改善の発明が有るのが嬉しい。この特許はコロンブスの卵だ。聞けば誰でもそうだね、出来るねと気付く技術だ。まだまだエンジンの機械的進歩の余地はある。
    エンジン技術者、頑張れ! 冒険を恐れずに新アイディアを入れて設計してくれ。
    上司は若手の新アイディアを「それは出来ない」と否定から入らないで、出来る方法を一緒に考えてあげよう。そうしないと技術者も育たない。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します