現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 最強最速のメガーヌR.S.【ルノー・メガーヌR.S.トロフィー】デビュー!

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.21

最強最速のメガーヌR.S.【ルノー・メガーヌR.S.トロフィー】デビュー!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年のフランクフルトショーでベールを脱ぎ、まもなく日本へと上陸する見込みのルノー・メガーヌR.S.だが、欧州では早くもホットバージョンのトロフィーがリリースされた。

300psの強心臓で打倒シビック・タイプR!

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 ルノー・メガーヌR.S.に、早くも最強グレードのトロフィーが追加された。エンジンはR.S.と同様の直列4気筒ターボユニットで、6速MTもしくは6速EDCと組み合わされる。

 ターボチャージャーは新たにセラミックボールベアリングを採用し、より軽く、スムーズに回転させることが可能となり、かつ耐久性も向上しているという。およそ20万rpmで回転することで、最高出力は20ps引き上げられて300ps、最大トルクはDCT仕様では30Nm増の420Nm、MTモデルでは10Nm増の400Nmをマークする。

 エキゾーストシステムは、新たにチャンバー内に可変バルブが設けられ、レスポンスの向上が図られているという。

 サスペンションは革新的な4コントロール(4輪操舵)システムが引き継がれるものの、よりアグレッシブな設定とされた。ダンパーの減衰力はR.S.のシャシーカップ仕様と比べて25%高められ、スプリングは30%固められ、アンチロールバー(スタビライザー)は10%固められている。

 日本ではスタンダードのR.S.の上陸を目前に控えているが、常に世界でルノー・スポール系モデルの販売上位に入っているマーケットであり、遅かれ早かれこのトロフィーも導入されることになるだろう。

 現在、世界最速のFFとされているホンダ・シビック・タイプRとの戦いにも注目が集まる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します