現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「600LT」をワールドプレミアしたマクラーレン。2025年までに18のニューモデルを導入へ

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.21

「600LT」をワールドプレミアしたマクラーレン。2025年までに18のニューモデルを導入へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年7月12日・13日に開催された英国のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにおいて、マクラーレン・オートモーティブは「マクラーレン600LT」をワールドプレミアしました。

「マクラーレン600LT」からの車名からも分かるように、マクラーレンの「ロングテール」の名が与えられた4番目のモデル。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

カーボンファイバー製ボディパネルとシャーシに加えて、固定式リヤウィング、大型リヤディフューザーにより、リヤエンドはベース車の570Sクーペよりも74mmもストレッチされています。さらに、ダウンフォースを大きく向上させることで、とくにサーキットでダイナミックな走りが可能としています。

エンジンは3.8LのV8ツインターボをミッドに搭載し、600ps/620Nmというアウトプットに加えて、カーボンファイバー製シャーシと軽量アルミニウム製ボディパネルにより、96kgの軽量化により強烈な加速を引き出せるとしています。軽量化により、0-100km/h加速はわずか2.9秒、0-200km/h加速は8.2秒で、最高速が328km/hに到達します。

さらに、マクラーレン・オートモーティブは、12億ポンドを研究開発に投入し、2025年までに18のニューモデルを導入するという、新しいビジネスプラン「Track25」を発表。

2017年には、第2世代のスーパーシリーズ、570S SpiderそしてマクラーレンSennaといった新モデルを投入し、2018年には、この600LTを発表。今後の新モデル発表からも目が離せません。

(塚田勝弘)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar 塚田勝弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します