現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデス GLEクーペ 次期型、よりグラマラスに進化…EQブースト搭載へ

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.21

メルセデス GLEクーペ 次期型、よりグラマラスに進化…EQブースト搭載へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデスベンツのミッドサイズ・クロスオーバー・クーペSUV『GLEクーペ』次期型プロトタイプを、本拠地シュトゥットガルト市街地で初めてカメラが捉えた。

厳重なカモフラージュが施された初期プロトタイプだが、市販型パーツが装着されており、新グラフィックを持つヘッドライトの一部、ボディ側面に釣り上がるテールライト、現行モデルより大型のダックテール・スポイラー、ツインエキゾーストパイプを装備していることがわかる。但しディフューザーはフェイクだ。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

しかし、最も注目すべきは、現行モデルより若干寝かされたフロントウィンドウ、より滑らかにトランクリッドへ続くルーフラインだ。Dピラーとリアフェンダー周辺は筋肉質になり、かなりスポーティでグラマラスなボディシルエットへ進化する。

内装では、ドライバー正面のメーター部分と、ダッシュボード中央のモニターを一体デザインとした12.3インチディスプレイのデジタルコクピットを採用する他、4つのエアコン吹き出し口を装備する。

パワートレインは、最高出力286ps、最大トルク600Nmを発揮する3リットル直列6気筒ディーゼル、最高出力340ps、最大トルク700Nmのディーゼル、最高出力367psの3リットル直列6気筒ガソリンエンジンなどのラインアップが予想される。最大の注目は、『CLS450』から流用される、新開発の3リットル直列6気筒エンジン+ISG(インテグレーテッド・スターター・モーター)で、最高出力370psに22psの「EQ Boost」機能がアシストする。

また 高性能モデル『AMG GLE63』には、最高出力571psを発揮する4リットルV型8気筒エンジンを搭載。ハイエンドモデル『AMG GLE63 S』は最高出力612psまで高められると予想される。

GLE新型は2018年内、あるいは2019年初頭に公開予定で、GLEクーペは2019年内と見られる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します