現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ポルシェ・911スピードスターがコンセプトモデルとは別の伝統モデル? ニュルで高速テスト中の最終プロトタイプをキャッチ

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.18

ポルシェ・911スピードスターがコンセプトモデルとは別の伝統モデル? ニュルで高速テスト中の最終プロトタイプをキャッチ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポルシェは創業70周年を記念する「911スピードスター コンセプト」を発表していますが、最終デザインを見る限りコンセプトとは別の、あくまでも伝統の「911スピードスター」新型であると思われます。

レトロチックなコンセプトモデルと比較すると、新型プロトタイプは「911カブリオレ」と「911 GT3」の最新ミックスデザインが採用されています。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

デュアルエキゾーストパイプ、フロントバンパー、ホイールは「GT3」同様です。異なるのは、カーボンファイバー製ダブルバブルルーフやリアクティブ・リアスポイラーを装着している点です。またアクティブリアスポイラーの下には、第4のブレーキライトも確認できます。珍しいですが、恐らくスポイラーが上がった時に第3のブレーキライトが遮られるからと思われます。

パワートレインには「911 GT3」から流用される4リットル水平対向6気筒NAエンジンを搭載されます。最高出力は500ps、最大トルクは459Nmを発揮すると見られています。

発表時期は、2019年まで公開されないという情報もあれば、新型「911」が発表される秋以前という情報もあるため断定出来ない状況です。今年は、スピードスターにとっても70周年記念イヤーとなります。そのため、誕生年の1948年と同じ1948台の限定生産と噂されています。

(APOLLO)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar APOLLO)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します