現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > プジョー 308GT BlueHDi、8速ATを導入 クルーズコントロールも標準化

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.18

プジョー 308GT BlueHDi、8速ATを導入 クルーズコントロールも標準化

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョー『308GT BlueHDi』(Peugeot 308 GT BlueHDi)に8速オートマチック(AT)を導入し、7月18日より販売を開始した。

308GT BlueHDiは、308シリーズの最高峰モデルとして2016年11月に導入。2リットル4気筒クリーンディーゼルにより低燃費かつトルクフルな走りを実現している。今回、従来の6速ATに代わり、最新8速AT「EAT8」を搭載した新モデルを発売する。

    プジョー、新型508にスタイリッシュなワゴンを追加

アイシンAW製の新開発EAT8は、小型軽量化とシフトバイワイヤによる運転機能の進化が特徴で、プジョーとして日本初導入。EAT8は単純に6速にギアを2つ追加したものではなく、コンポーネントの多くが新設計となっている。同時にシフトの電子制御化により、ワイドでクロスしたギアレシオ、低燃費、シフトクオリティの向上を実現。低速域から高速クルーズにわたりエンジンのパフォーマンスを最大に引き出す設定になっている。

またEAT8搭載にともない、3つのドライブモードを設定。新搭載のエコモード機能は、フリーホイール機能によりアクセルオフ時に条件が合えば自動的にクラッチを切り、エアコンの最適化とともに燃費改善に貢献する。通常モードはシフトタイミング、ドライバビリティ、コンフォートを最適化。スポーツモードではシフトアップポイントの高速化に加え、アクセルレスポンスおよびステアリングフィールを向上させる。

EAT8は、ギアの小型化、オイルポンプ外径の小径化、トランスミッションケースの小型化により、6速と同等の全長としながら容積を縮小。シフトバイワイヤも軽量化に寄与し、車重は6速シフトタイプと同等に抑えている。

また308GT BlueHDiは、8速化と同時に、市場ニーズの高いアクティブクルーズコントロール(ACC)も標準装備化。これによりスポーティなドライバビリティを保ちながら、静粛性、実燃費の向上、洗練された操作性(シフトバイワイヤ化)とさらなる安全装備を身に付けた。

価格は5ドアHBが359万円、4ドアSWが383万8000円。8速化とアクティブクルーズコントロールを搭載しながら、プラス2万円アップに抑えている。

なおPSAは、従来のメイントランスミッションである6速ATに代わり、今後、EAT8を新規モデルに順次投入していく予定だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します