現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アウディ TT 、改良新型のティザーイメージ

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.18

アウディ TT 、改良新型のティザーイメージ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウディは7月17日、『TT』(Audi TT)の改良新型のティザーイメージを公開した。

現行TTは3世代目モデル。2014年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2014で発表された。外観には、コンセプトカーの『オールロード シューティングブレーク』で提示したアウディの最新デザイン言語を採用。またインテリアには、新開発のデジタルディスプレイ、「バーチャルコクピット」が設定された。

    新型アウディ Q3は車両価格3万ユーロ弱から。RS Q3やSQ3も登場しそう

欧州仕様の基本エンジンは、ガソリンが直噴2.0リットル直列4気筒ターボ「TFSI」で、最大出力230hpを発生する。最大トルクは37.7kgm/1600~4300rpm。FFの6速MT仕様は、0~100km/h加速6.0秒、最高速250km/h。4WDの「クワトロ」の6速Sトロニック仕様では、0~100km/h加速5.3秒、最高速250km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを実現している。

この現行TTが2014年春のデビューから4年以上が経過し、初の大幅改良を行う予定。アウディは、改良新型モデルのティザーイメージを配信。新デザインのテールランプやその下のエアアウトレットなど、改良新型モデルの特徴が見て取れる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • qzt*****|2018/07/19 05:51

    違反報告

    大衆向けなんちってスポーツだから仕方ないけど
    所見2ドアゴルフなんだよな
  • hok*****|2018/07/19 15:06

    違反報告

    ゴルフ4GTIに乗ってたが、TTクーペとの大きな違いは、吸気側だったね。でも部品取り替えればTT並みのパワーが出ちゃうw(実際取替えできちゃうんだ)
    TTはアルミ多用したから軽いしクワトロなら走行安定性は高いが、四枚ドアのゴルフは実用性が高かった。
    壊れてもヤフオクで転がってる中古TTの部品が流用できたから案外助かった面はある。

    ま、トヨタも同じ手法取ってる。ダメ発OEM車のトヨタの軽が出ているが、そのうちLマークつけて高く売るかもしれないw 真似てVWもアウデイA0とかいうモデル出してきて、ボンネット開けたら直3の1Lターボ車だったりしてね。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します