現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 加速するクルマの「電動化」 2035年にはEVの世界販売が1,125万台に?

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.18

加速するクルマの「電動化」 2035年にはEVの世界販売が1,125万台に?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今後、中国などを皮切りに急増が予想されている「電動車」。

環境規制の強化に伴ってクルマの電動化が加速しており、日経新聞によると自動車メーカーでは2025年以降にEVやPHVが急増し、2035年にはEVの世界販売台数が1,125万台(約15倍)、PHVが1,243万台(約30倍)に達すると予測しているようです。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

中国市場では2019年導入予定のNEV規制(電動化義務付け)によりEVの急激な増加が予測されており、2020年前後には外資系メーカーによる現地生産が加速。2030年には中国が世界最大規模のEV市場になり、欧州やインドでもEVシフトが強まるとしています。

またPHVについては、欧州メーカーが高級~普及価格帯までの新型車を大量投入、HVについては伸びが鈍化し、420万台程度に留まる模様。

昨年の時点では、EVが630万台、PHVが540万台(共に2035年)と予測されていましたが、今回台数がほぼ倍増していることからも、街を走るクルマの排気音がモーターの回転音に取って代わる時期が、そう遠くないところまで近付いて来ていることを実感させます。

(Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar Avanti Yasunori)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します