現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【新車】スズキ・ハスラーに特別仕様車「タフワイルド」が登場 Aピラーからリヤクォーターパネルまでブラックペイント

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.18

【新車】スズキ・ハスラーに特別仕様車「タフワイルド」が登場 Aピラーからリヤクォーターパネルまでブラックペイント

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20年ぶりのフルモデルチェンジで新型ジムニーが注目を集めています。しかし、ここ数年スズキの軽を牽引してきたのは、スマッシュヒットを飛ばしたクロスオーバー風モデルのハスラーでしょう。7月17日、そのハスラーに特別仕様車の「タフワイルド」が加わりました。

外観は、Aピラーからルーフ、リヤクォーターパネルがブラックでペイントされ、逞しさが表現されています。さらに、ボディとの塗り分けをより鮮明にした2トーンカラーを採用し、これまでのハスラーにはない新鮮な印象を持たせたとしています。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

最大の特徴であるボディカラーは全車ブラック2トーン仕様で、「オフブルーメタリック」をはじめ全5色を設定。

一方の内装は、「使い込むほど愛着の湧く」というテーマを掲げ、専用色「オフブルー」のインパネやレザー調とファブリック表皮を組み合わせた専用シートが目を惹きます。

安全装備では予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」が搭載され、デュアルカメラブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能を標準装備するとともに、全方位モニター用カメラパッケージをメーカーでオプション設定。

また、ディスチャージヘッドランプやLEDフロントフォグランプが装備されているほか、LEDサイドターンランプ付ドアミラーや「ナノイー」搭載フルオートエアコンが採用されるなど、充実装備も魅力。

ハスラー・タフワイルドに搭載されるエンジンは660ccのNA(Sエネチャージ搭載車)で、CVTとの組み合わせ。価格は2WDが1,487,160円、4WDが1,613,520円です。

(塚田勝弘)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar 塚田勝弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します