現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【新車試乗】VW・ポロ GTIの高い完成度 FFスポーツの真骨頂が味わえる

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.17

【新車試乗】VW・ポロ GTIの高い完成度 FFスポーツの真骨頂が味わえる

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全長4075×全幅1750×全高1440というボディサイズに、2.0L直列4気筒ターボ・6速の湿式DSGが組み合わされるポロGTI。MTの導入に関しては現時点ではノーコメントだそうで、今後に期待といったところでしょう。

200ps/4400-6000rpm、320Nm/1500-4350rpmというアウトプットに1290kgという車両重量ですから、中・低速域のトルク感、高速域のパンチ力ともに一般道では底がうかがえないほど「モリモリ」とした力感を抱かせます。

    【試乗】新型フォレスターを乗り心地に振ったセッティングを可能にした「SUBARU GLOBAL PLATFORM」

6速DSGは極低速域からかなりスムーズで、ほとんどネガらしさを感じさせません。しかも退屈なだけでなく、変速時のダイレクト感も味わえますから、2ペダルでも十分にスポーツドライブが楽しめます。

「ミシリ」ともしないボディの剛性感により、先代よりかなりサイズアップしているにも関わらず、大きさを感じさせないハンドリングも美点。そしてフォルクスワーゲンらしい安定感の高さに加えて、FFでもこれほど意のままになるのか!! と感嘆させられるライントレース性の高さは、高速道路など長距離でこそありがたみを感じるはずです。

一方、ノーマル仕様よりも10mm車高をダウンさせた乗り心地は、フォルクスワーゲン(GTI)らしい硬質さで、「ノーマル」モードでも少しコツコツとした足の動きになりますが、先述したように、ボディの剛性感が非常に高いこともあって不快さはなく、先代、先々代のポロGTIと比べると、乗り味は大人になっている印象。なお、「スポーツ」にすると足の動きが抑制され、より鋭いコーナリングが可能になります。

up! GTIの完成度の高さにも驚かされましたが、目隠して運転席に座らされてポロと説明されない限り(もちろん、ポロGTIの内装と知らない前提ですが)、ゴルフGTIと勘違いしそうなほど高い完成度を誇るポロGTI。この1台があれば高速道路から峠道までスポーツドライビングを手軽に楽しめるのは間違いありません。

(文/写真 塚田勝弘)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar 塚田勝弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します