現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > C・ロナウドの移籍金146億円にストライキ フィアット・クライスラー

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.15

C・ロナウドの移籍金146億円にストライキ フィアット・クライスラー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数千人vsロナウド プント/500Xの生産に影響か

サッカー界のスター選手「クリスティアーノ・ロナウド」が、ユベントスFCへ移籍する契約の締結を受けて、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の従業員はストライキを実施すると発表した。ユベントスFCとFCAは、ともにエクソール社が経営権を握っている。

    え… ホンダ芝刈り機 グッドウッド出走 最高速は240km/h? 映像あり

USB労働組合によれば、33歳のロナウドがユベントスに移籍するのに必要な移籍金9900万ポンド(146億円)は本来、「たったひとりに与えられる」のではなく、フィアットに従事する何千人もの従業員の将来のために投資されるべきだという。

ストライキは南イタリアにあるFCAのメルフィ工場で、日曜午後10時から火曜午前6時まで行われる予定。AUTOCARはFCAに対し、このストライキで同工場で生産されているプントと500Xの納期に、影響が出るかを確認している。



FCA上層部への不満

現時点では、このストライキが与える影響は小さいと予想される。FCAはメルフィ工場以外にも6つの生産拠点を持ち、USB労働組合に所属しているのは同工場の従業員のごく一部に過ぎないからだ。

しかし、今回の組合の声明から、経営陣へ向けた大きな不満が透けて見える。声明では、FCAがセルジオ・マルキオンネCEOの指揮のもと、生産を縮小したことで、FCAの従業員は「深刻な経済的犠牲」を強いられていると述べている。

マキオンネは、最近ではラインナップを整理して、量販車では500やパンダといった高収益モデルに集中すると発表するなど、大胆な緊縮財政戦略で同社の負債のほとんどを返済している。

FCAの改革により、今年の第1四半期の負債は13億ユーロ(1700億円)にまで縮小した。一方で営業利益は5%上がって、16億ユーロ(2100億円)となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • cho*****|2018/07/15 10:11

    違反報告

    社員の言う通りですね、ロナウド使ってもフィアットに何のメリットも無い。
  • tom*****|2018/07/15 10:40

    違反報告

    確かに真面目に働いてる人は馬鹿馬鹿しくなるよね。たかが玉蹴り遊びがちょっと上手いだけで146億円なんて。
  • ruc*****|2018/07/15 10:34

    違反報告

    世界的不況と貧富の差が大きくなる昨今。スポーツ選手やセレブリティと呼ばれる人達の報酬はどんどん上がる一方。ここで一度考え直す時が来たのでは?と思います。
    ヨットやジェット機を買って散財するのがオチなんだから、高所得者の税金を7割くらいかけるとかすれば、スポンサー加熱も収まるだろうに…

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します