現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マクラーレン600LT AUTOCARテスター、グッドウッドでデモラン披露 その走りは?

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.14

マクラーレン600LT AUTOCARテスター、グッドウッドでデモラン披露 その走りは?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マット・プライヤー 600LTを駆る

果たしてセナよりもエキサイティングなのか、なによりもそれが知りたかった。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

最高出力800psのハイパーカー「セナ」は、サーキットユースを念頭に設計され、公道走行にも耐えるモデルとして発売された。その速さ、そして強力なダウンフォースには誰もが感銘を受ける。

しかし、今回ステアリングを握った「600LT」もまた、速さと強力なダウンフォースを持ち合わせていた。

570Sよりも30ps高めた最高出力は、600psに達する。そしてフロントスプリッター、リア・ディフューザー、大きなリアウイング、8mm低い最低地上高が、そのパフォーマンスを高めているのだ。

1.1マイルのコースで判断できることは限られている。しかし分かることもある。



あえて例えるなら……GT3 RS?

どんなマクラーレンも見事なハンドリングだが、600LTに限っては他のモデルよりも素晴らしいと感じた。スエード仕立てのステアリングもフィーリングが良い。

以前試した570Sよりも100kgシェイプアップした車重(乾燥重量1247kg)の恩恵で、操舵への反応が高まっている。

とくに気に入ったのがブレーキング・フィールだ。制動中の安定感が増し、570Sの数少ない弱点を克服している。

一級品の軽い身のこなし、欠点のないボディコントロール。高回転からダウンシフトしていくと、エンジンの唸りと上方排気エグゾーストの雄叫びが、耳を襲ってくる。

「走った感じは、どのクルマに近い?」 マクラーレンの扱いに慣れた同僚が尋ねてきた。

あえて言うなら、ポルシェ911 GT3 RSか……。エンジンの回転感、俊敏性、軽い車重、即応性。しかし、本当にGT3 RSの感じなのかと言われると、そうでもない。きっと、それが「LT」の持ち味なのだろう。その2文字のアルファベットは、最もエキサイティングなマクラーレンを生み出す秘密のレシピなのかもしれない。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『マクラーレン600LT AUTOCARテスター、グッドウッドでデモラン披露』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します