現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型トヨタ・センチュリーの後席は驚異の座り心地! お値段2000万円未満は安い!?

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.13

新型トヨタ・センチュリーの後席は驚異の座り心地! お値段2000万円未満は安い!?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

21年振りにフルモデルチェンジした新型・センチュリー。贅を極めた作りにもかかわらずお値段2000万円未満というのは、相対的に安いと思います。

ボディサイズは先代とほぼ共通ですが、プラットフォームからすべて一新しています。搭載ユニットは5LV8+モーターのハイブリッドになりました。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

外観では七宝文様という日本古来の伝統工芸で作られたグリルや、「神威」と名付けられ特別に手をかけて塗られた黒のボディカラー(他に「摩周」<ブルーマイカ>等あり)などが特徴です。

しかしセンチュリーといえば圧倒的な特徴は後席です。

座ってみると座面はソフトで高価格なセダン特有のプレミア感覚があります。前席との間隔は超絶に広々。左側に座れば助手席のシート背面中央部分を倒して空いた穴に足を投げ出すことも可能です。

異例なのはシート背面。まるでマシュマロのように柔らかなのです。かといって体が沈み込みすぎることはなく、不思議とホールド性はいいです。

後席アームレストには液晶パネルが埋め込まれており、ここでエアコンやシート角度などの調整が可能です。

(写真・動画・文/ウナ丼)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar ウナ丼)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します