現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【新車速報】ホンダ「N-VAN」のマニュアルミッションはS660譲りの6速 「ホンダセンシング」は全車標準装備

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.12

【新車速報】ホンダ「N-VAN」のマニュアルミッションはS660譲りの6速 「ホンダセンシング」は全車標準装備

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新世代の軽バンとして2018年7月12日に登場したホンダ・N-VAN。走行性能だけでなく、安全性能の基準も大幅に引き上げられているのが特徴です。ここではN-VANの走行性能や安全性能を紹介します。

まずは、走行性能。N-VANに搭載されているエンジンは、最高出力53psを発生する直3DOHCエンジンと、最高出力64psを発生する直3DOHCターボの2種類。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

軽バンは発進・停止を頻繁に繰り返す走行パターンが多く、主に低車速域が使われます。そこで、N-BOXで新開発された高効率エンジンを商用ユースに最適化。ロングストローク化や小径ボアと合わせて急速燃焼を実現。さらに燃焼効率を高めることで、低速から高トルクを発生するとともに、優れた燃費性能を実現しています。

JC08モード燃費は自然吸気車が17.6km/L~23.8km/L。ターボ車21.2km/L~23.6km/L。一見ターボ車の方が良いように見えますが、これはトランスミッションがターボ車はCVTのみであるのに対して、自然吸気車はCVTと6速MTが設定されているからです。

軽バン初採用の6速MTはS660用のミッションをベースにFFおよび4WDに対応させています。ギアレシオは6速を設定したことで低速側で駆動力を発揮する一方、高速側で6速走行時にエンジン回転数を抑える効果があります。これにより、静かで快適な高速クルーズをもたらすだけでなく、優れた実用燃費に貢献。またCVTはレシオレンジをワイド化するとともに、金属ベルトをはじめ各所を強化することで、最大積載量350kgに対応しています。

駆動方式は全車でFFと4WDを設定。4WDシステムのリアデフは大容量タイプをベースに開発。ビスカスカップリングのトルク容量をN-BOXの約1.5倍に増やすことで、後輪の駆動力が素早く立ち上がり、スムーズで力強い登坂性能を発揮します。

続いては安全性能です。毎日、昼夜問わず活躍する軽バン。N-VANはドライバーの負担を軽減させるために、先進の運転支援システム「ホンダセンシング」を全車に標準装備。ミリ波レーダーと単眼カメラなどを組み合わせたホンダセンシングは衝突軽減ブレーキをはじめ、路外逸脱抑制機能、オートハイビームを搭載。CVT車は高速道路などで便利なアダプティブクルーズコントロールなど10の機能でドライバーをサポートします。

高い走行性能と安全性能で、軽バンの新時代を告げるN-VANの車両本体価格は126万7920円~179万9280円です。

(萩原文博)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar 萩原 文博)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • min*****|2018/07/12 12:36

    違反報告

    マニュアルのターボ車設定を御願いします。
  • goo*****|2018/07/12 11:32

    違反報告

    馬力の自主規制とか意味のないことは早く撤廃すべきだ!
  • ota*****|2018/07/12 11:00

    違反報告

    チョイと高すぎるような。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します