現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 佐藤久実が語る、優雅なるオープン「アストンマーティンDB11 ヴォランテ」の世界【動画】

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.11

佐藤久実が語る、優雅なるオープン「アストンマーティンDB11 ヴォランテ」の世界【動画】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アストンマーティンの代名詞とも言える「DB11」には、もう1モデル“ヴォランテ”と呼ばれるオープンモデルが存在する。DB11 V8をベースにした極めて粋な世界観が特徴だ。この贅沢かつ優雅、そして高性能なスポーツGTのオープンモデルを、ジャーナリストの佐藤久実が動画とともに語る。

「DB11ヴォランテを選ぶ人って、本当にクルマが好きで、デザインから走りまで分かっていると思いますね。しかもオープンカーっていうライフスタイルを敢えて選んでいるわけですから本当にお洒落だと感じます」

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

そう語るのは、モータージャーナリストの佐藤久実。根っからのスポーツカー好きで、レース経験も豊富。それこそニュル24時間レースまで参戦した経験があるレーシングドライバーとしても手腕を振るう存在だ。そんな彼女でも、アストンマーティンのヴォランテ=オープンモデルは格別だと話を続ける。

「まず乗っていて気持ちが良い。一般道からワインディング、高速道など、色んなシチュエーションで走りましたけど、それぞれのシーンで環境にマッチした走りをしますね」

「スポーツやスポーツプラス・モードにしても、尖ったところがほとんどないんです。すごく人に寄り添ったチューニングだと感じました。当然、アクセルのレスポンスは上がるんですけど、過敏さはない。アクセルを踏みこんでいった時でも絶妙なタメがあるんです。踏んだ瞬間にいきなり飛び出すような感じがない」

やはり、アストンマーティンの基本はGT=グランドツアラーだということだろう。それが見事に体感できると語る。そしてパワートレインに触れ始めた。

「AMGのV8ツインターボエンジンを搭載しているのが話題となりましたね。私も正直、最初はイギリスとドイツの組み合わせは、どうだろうかと思っていたんですけど。まったくキャラクターが違うのに、大丈夫かな?と。でも、今日あらためて思いましたけど、サウンドも含めてちゃんとアストンになっている。けっして借り物みたいな印象はありませんね。すっかりアストンになっている」

そしてヴォランテ=オープンモデルに関して、個人的な思い入れも含めて言葉を続ける。

「4シーターオープンは個人的に大好きです。トップを空けた瞬間に世界が広がるその感覚が良いんです。スポーツカーに乗っていると、通常はスピードを求めたくなるんですけど、オープンカーの場合は絶対スピードに束縛されなくなります。たとえ30~40km/hで走っていても気持ちが良い」

「最近の主流はどうやらメタルトップのようですけど、私は断然ソフトトップ派。やっぱりエレガントです。硬質なボディに対して、ソフトトップは柔らかさがあるから、そのマテリアルの対比、コントラストがあって魅力が増しますね。カラーの違いもソフトトップならでは。デザインをさらに引き立たせていますね」

「オープンカーは、エクステリアとインテリアを同時に楽しめるのも大きな特徴です。その対比を楽しめます。DB11ヴォランテのボディは美しい。それに対して内装は、素材やカラーなどのコントラストも楽しませてくれるから乗り込んでさらに惚れ惚れする。すごくお洒落ですね。特に私が刺さったのは、シートバックにウッドをあしらっているところ。必要じゃないけど、こういうのが贅沢で良い。オープンにすると細かいところまで見えるから、ちゃんとデザインされていると実感しますね」

それでもオープンモデルに手を出せないという人もいるのは事実。しかし、そんな心配は無用だと、佐藤久実は続ける。

「オープンカーを買うのって、ちょっと勇気がいると思いますけど、ソフトトップを閉めて乗っていれば、普通にクーペです。実は過去3回ほど4シーターオープンを所有してきましたけど、ほとんどルーフを閉めて乗っていました(笑)。私は、本当にオープンにしたい時だけ開けるんです。それこそ景色がきれいな時、空気間が良いと思った時だけです。そういう意味ではすごく贅沢ですけど、乗ったら、すてきな世界観が待っていると思うと、やめられなくなりますね」

「アストンマーティンは個人的に大好きなブランドで、なんといってもこの美しさに惹かれますね。見た瞬間に“なんてきれいなクルマなんだろう”って思う。全体的にすっきりしていますが、リヤにかけてヴォリューム間が出ているので、グラマラス。シンプルで無駄もない。だから美しい。特にクーペやオープンカーは、デザインが大事ですから」

どうやら、また欲しくなる1台を見つけてしまったようだ。スポーツGTとしての魅力に、オープンの世界を併せ持った「DB11ヴォランテ」。この粋な世界は、他では絶対に得られない、独特の魅力を秘めていると思う。

REPORTER◎佐藤久実(Kumi SATO)PHOTO & MOVIE◎小林邦寿(Kunihisa KOBAYASHI)

SPECIAL THANKS/アストンマーティン・ジャパン ASTON MARTIN JAPAN

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar 野口優)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します