現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > Modulo Xシリーズの最新作「S660 ModuloX」誕生! 開発部設計担当者に聞いた、S660ならではのテスト方法とは?

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.10

Modulo Xシリーズの最新作「S660 ModuloX」誕生! 開発部設計担当者に聞いた、S660ならではのテスト方法とは?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダアクセスのコンプリートカーブランド「Modulo X」シリーズの第5弾となる「S660 ModuloX」の試乗会に参加してきました!

「S660 ModuloX」は、軽自動車のスポーツカーS660をベースに走行性能とデザインに磨きをかけ、ホンダの純正カスタムパーツサプライヤーであるホンダアクセスがModuloブランドで培ってきた「上質でしなやかな走り」を実現するチューニングが施されたコンプリートモデル。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

会場には開発チームのメンバーも参加しており、開発部 設計担当の高田淳さんに直接お話を伺うことができました。

── 「S660 ModuloX」を作るにあたり、一番こだわったことは何でしょうか?

「今までたくさんのクルマに乗ってきて、なおかつクルマ好きな方に『おぉ、これは!』と心に響くものができるよう、チームの中で案を出しながら開発してきたことですね」

── 高田さんがこだわった点はどこですか?

「私は外装の設計、エアロバンパーと前後リフト値を均等に近づけるために欠かせないガーニーフラップ付きの専用アクティブスポイラーを担当しました。最初は「見てどうだ」というところがあると思うので、見た目でインパクトを与えられるようなデザインになるよう、デザイナーと意見を交わしながらこだわって作ってきました」

── さらにスポーティーなデザインになって、本当にかっこいいですよね。ちなみに社内や市場、オーナーさんなどの意見は取り入れているのでしょうか?

「市場でどのような傾向が好まれているのかという調査を行ってはいますが、そのまま反映してしまうとお客様の意見になってしまうので、あくまで傾向を加味して最終的に今のデザインになりました」

── 制作する上で楽しかったこと、逆に辛かったことはありますか?

「北海道の鷹栖プルーピンググラウンドでテストを行ったのですが、デザイナーも含め関係者全員集まって何度も何度も議論を重ねながらテストをしてきました。その時は苦しかったですが、振り返ってみると楽しかったですね。テストではデザイナーにもクルマに乗ってもらうんです。クルマのことを分かっていないとデザインはかっこいいけれど、機能面がな……。ということがありますからね」

── 「Modulo X」シリーズで5台目となるコンセプトカーですが、S660ならではのテスト方法はありましたか?

「S660のユーザーは自分でクルマをいじるのが好きな方が多いんです。エアロなど様々なパーツを付けていて、一つとして同じ物がないんじゃないかっていうくらい(笑)。またサーキットで走行するために馬力を上げたりする方もいらっしゃるので、実際の馬力はノーマルと同じですが、テストではリミッターを解除し馬力を上げて行ったりもしました。そういう領域でしっかり走れるようにテストすることで結果、より安全で乗り心地の良いクルマに仕上がることが分かりました」

── この仕事をやっていて、やりがいを感じる瞬間はどのような時ですか?

「デザイナーが書いたクルマの絵をまず粘土で形にして議論を重ね、実車で何度もテストを行い、最終的に工場で出来上がった瞬間を見るとやっていて良かったなと思います」

── 小さい時からクルマが好きで「クルマのデザインをしたかった」とおっしゃっていましたが、今後はどのようなコンセプトカーを作っていきたいですか?

「とにかくかっこいいクルマを作りたいですね。見た目はもちろんですが、走り出した瞬間『おぉ !』と思ってもらえるような。あとは男性向けのスポーツモデルだけでなく、運転が苦手な女性でも日常で安心して運転できるような幅広いコンセプトカーを作っていきたいです」

高田さん、ありがとうございました! インタビュー中、終始笑顔でお話ししてくれ「S660 ModuloX」への愛情がヒシヒシと伝わってきました。

「これまでの中で最高レベル」という「S660 ModuloX」の魅力をさらに探るべく、愛車S660をこよなく愛しほぼ毎日乗っている父(元ラリードライバー)にも試乗会に参加してもらったのですが、

「一番の違いは、ステアリングを切ったときの感覚。ノーマルはステアリングを切ってからクルマが回るまで少し待つような感覚があるが、S660 ModuloXは自分の感覚通りにクルマが反応してくれる。まるで2ランクくらいグリップの高いタイヤを履いたように、路面に吸い付くような感覚が楽しい!」

と興奮気味。

助手席専門の私も乗った瞬間、その違いに驚きました。

「S660 ModuloX」専用のスポーツレザーシートは体をしっかりと包み込んでくれ、まるで自宅のソファーに座っているかのようにリラックスできました。そしてボルドーレッドによるインテリアのコーディネートは所有欲を高めるだけでなく、車内を広く感じさせるからびっくり(車内の広さはノーマルと同じだそうです)!

もちろん走行も驚きの連続で、特にコーナーを曲がる時には体がもっていかれずクルマと一体になったかのような感覚になり、驚きました。

試乗会の帰り道、「全然違うね」と我が家のS660に乗りながら父としんみり。ユーザーのことを想いながら作られた「S660 ModuloX」はS660をさらに楽しく、そして快適にしたスペシャルな一台でした!

(撮影 :冨士井明史、yuri/文:yuri)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar yuri)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します