現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 長期テスト アウディTT RS(4) RSの中でも特にアグレッシブ

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.10

長期テスト アウディTT RS(4) RSの中でも特にアグレッシブ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 積算6404km アウディ・クワトロを思わせるTT RS
ー 変わるRSのポジション 過激さが持ち味のTT
ー アグレッシブなTT RS
ー インテリアは完璧
ー テスト車について
ー テストの記録

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

積算6404km アウディ・クワトロを思わせるTT RS

ある日わたしのもとに、同僚から最近のTT RSについてメールが届いた。その中で彼は、一般に考えられている以上に、TTはアウディ・クワトロのメンタリティを受け継いでいるのではないかと語っていた。

確かにアウディが、1980年代にホモロゲーションを獲得するために販売したクワトロと、現代の気取ったクーペは、どちらも超コンパクトで、この2台をつなげて考えるひとがいてもおかしくはない。

しかし、この2台を所有する同僚は(彼は5気筒エンジンとデジタルの計器類について話すことが多い)、どちらも違う持ち味があると楽しんでいる。

わたしにとってTTは、どんなエンジンを搭載していようと、レースドライバーのヴァルター・ロールやスティグ・ブロンクビストを連想させるクルマだ。

変わるRSのポジション 過激さが持ち味のTT

それにもかかわらず、われわれが購入したモデル以降、TT RSのポジションは大きく変わりつつある。しかし、この変化の背景にはTT RSよりも、むしろアウディの他の主力モデルのステータスが変わっているのが関係している。

ここ数年で、TT(や基本的構造を共有するRS3)から、より大きなモデルや、それらに搭載されるV8エンジンへと注目が移っている。そして、最新世代のRS4やRS5(それに近日登場のRS6)は、慣れを要する独特な部分もあるものの、ドライビングマシンとしての完成度に疑う余地はない。妥協のない完成度、驚くほどの速さ、感性に訴えかけてくる魅力はアウディ独自のものだ。

最近RS4はエンジンが変更されたが、それも決して悪いものではない。新型2.9ℓV6エンジンはオールラウンダーで、日常生活でも使えるかつてない出来だ。

しかし、荒々しさが完全に削がれていることには我慢が強いられる。ポルシェと共同開発のV6ターボエンジンは、先代のV8よりもいくつかの部分で優れているが、かつての自然吸気V8のサウンドを思い出すと、8000rpmに達した際の感情を掻き立てる官能性は物足りないの一言に尽きる。

アグレッシブなTT RS

そして荒々しかった旧型RS6も生産終了間近となり、RSシリーズは、ソフトで控えめな方向性へとシフトしていく中、MQB採用モデルに新たな魅力が生じつつある。

もしRSモデルの中でどれが一番クワトロの特徴を体感できるかと問われれば、わたしはTTだと答える可能性だって十分に出てきたのだ。とはいえ実際に聞かれたら、おそらくRS3と答えるだろう。トランクは広く、後部座席も使用できて、見た目だって良いからだ。

しかし、TTはクーペ風の形状を持ち、ハッチバックのRS3より軽量で車高も低い(そして僅かに俊敏だ)。そしてオプションのアダプティブ・ダンパーをつければ(これはほとんど必須だ)、僅かに落ち着いた乗り心地が手に入る。

どちらにせよ、RSにはある意味、チューンアップによる野蛮さや傲慢さへの期待があり、実際にTTに乗ってエンジンの回転数を上げると、解放された直列5気筒エンジンのサウンドに浸って、そのアグレッシブさを堪能することができる。

インテリアは完璧

一分の隙もないインテリアと精密な製造品質からは、一言でいえばアウディの流儀がわかる。このクオリティでも、近々生産終了するRS6より3万5000ポンドも安いのだ。

アウディの取材から(アウディファンの)同僚が困惑した顔をして戻ってきた。「アウディはどうだった」とわたしが尋ねると、「何もかも想像通りだった」と彼は答え、続けてこう言った。「最高だった」

テスト車について

モデル名:アウディTT RSクーペ
新車価格:5万615ポンド(789万円)
テスト車の価格:6万1080ポンド(952万円)

テストの記録

燃費:10.3km/ℓ
故障:無し
出費:無し

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します