現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 日産 GT-R by イタルデザイン、グッドウッド2018 でお披露目へ 1億1700万円から限定生産の可能性

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.9

日産 GT-R by イタルデザイン、グッドウッド2018 でお披露目へ 1億1700万円から限定生産の可能性

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車とイタルデザイン(Italdesign)は、『GT-R』とイタルデザインの50周年を記念して共同開発した「Nissan GT-R50 by Italdesign」を7月12日、英国で開催される「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で世界初披露すると発表した。

Nissan GT-R50 by Italdesignはグッドウッドを皮切りに、今後数か月の間に世界各地で披露する予定だ。なお、将来的には台数限定で生産する可能性もあり、その場合には、50台以下の車両を顧客の好みにあわせて仕立て、イタルデザインが生産。価格は約90万ユーロ(1億1700万円)からになる見込みだという。

    リーフニスモ発売 航続距離50km減で手に入れた走る楽しさ

両社初の共同開発となるNissan GT-R50 by Italdesignは、「GT-R NISMO」2018年モデルをベースに、内外装デザインを日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカが、開発・設計・製造をイタルデザインが担当した。

エクステリアでは、ボンネット上のパワーバルジやシャープなLEDヘッドライト、低いルーフライン、フロントフェンダーのエアアウトレット「サムライブレード」、可変式リアウイングなどを装備。「リキッドキネティックグレイ」塗装仕上げのエクステリアカラーは、「エナジェティックシグマゴールド」がアクセントになっている。

インテリアは、センターコンソール・インストパネル・ドアの内張りには2種類の異なるカーボンファイバーを、シート素材には黒のアルカンターラと、同じく黒のイタリア製レザーを採用。さらに、エクステリアにあわせてコックピットにはゴールドのアクセントが散りばめられている。

パワーユニットは、GT3車両用の大容量・大口径ツインターボチャージャーと大型インタークーラーを採用する3.8リットルV6 VR38DETTエンジンを搭載。最高出力720ps、最大トルク780Nmを発生する見込み。また足回りには、新しいビルシュタイン製サスペンションとブレンボ製ブレーキを採用する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します