現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型トヨタ・クラウン試乗 TNGAの走り、公道で評価 ハイブリッド/ターボ

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.9

新型トヨタ・クラウン試乗 TNGAの走り、公道で評価 ハイブリッド/ターボ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

どんなクルマ?
ー トヨタの今後が分かる1台
ー 車体寸法 従来のマジェスタ寄り

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

どんな感じ?
ー 好印象だった点 公道試乗へ
ー クラウンの美点 静粛性は?
ー ハイブリッド/ターボ 公道の走りは?

「買い」か?
ー 新型クラウン その評価は……
ー 対ミニバン、対欧州プレミアム

スペック
ー 新型クラウン 試乗車スペック

どんなクルマ?

トヨタの今後が分かる1台

新型クラウンには同時デビューとなったカローラ・スポーツと類似点が多い。分かりやすい部分ではスポーティなキャラ設定や車載ITの「コネクティッドカー」機能が挙げられるが、スペックには現れないファントゥドライブも含めた走りの志向についてもよく似ている。

クラウンとカローラという伝統的なトヨタ定番車で新型車の嗜好と志向が類似しているのは、それがトヨタの次世代標準そのものと見るべきだろう。

具体的には設計や部品の効率化も含むコスパ改善を主とする設計手法「TNGA」を用いた新しいハードウェアが新型車の注目点であり、同時にゼロ・クラウン以来の大変革となるかが興味の中心だ。



車体寸法 従来のマジェスタ寄り

車種構成は従来のフォーマル志向のロイヤル系とスポーティ志向のアスリート系、ロングホイールベースでVIPカー(ショーファードリブン)志向のマジェスタ系の3系統構成を廃止し、グレード展開によってこれまでの3系統をカバー。基本ボディは1タイプとなり、従来のマジェスタ系よりホイールベースは5mm短いだけ。

ホイールベース/全長比は増加、つまりパッケージングは僅かながら高効率化され、車体寸法諸元でも従来マジェスタ用途を補える設定とした。

パワートレインはハイブリッドが2.5ℓと3.5ℓの2タイプ。

2.5ℓ(写真白)はカムリから採用されている新型4気筒エンジンを用いたもののFR仕様となる。3.5ℓ(写真銀)はV6をベースに動力分割機構と遊星ギア型ATを組み合わせた高性能型で、基本的にはレクサスのLCとLSの500h系に採用されているものと同じである。

ガソリン車は従来車にも採用されていた2ℓターボと8速ATの組み合わせ(写真水色)だが、パワーアップなどの改良が加えられている。なお、4WD車は2.5ℓハイブリッド車にのみ設定される。



どんな感じ?

好印象だった点 公道試乗へ

登降坂とコーナーが連続する、シャシーにもパワートレインにも負担が大きなクローズドコースでのプロトタイプ試乗(既報)はかなりの好印象だった。コーナリング中の加減速や操舵、路面のうねりなどによる姿勢やグリップバランスの変化が少なく、狙ったラインに乗せるのも維持するのも容易。不安を煽るような挙動や反応がほとんどない。

例えば、高速のIC流出路にうっかり高速で飛び込んでしまった時でも、フットブレーキで減速しつつ、舵を狙いのラインまで絞っていけばいい。ノーズが切れ込んだり、無反応に前輪が逃げたりしない。呆気ないほど簡単に適切な速度とコーナリングラインに戻せる。乗りこなす必要のないハンドリングと言うべきか、ドラテク小技を用いてラインをマネージメントする必要がなく、またそういった小技に対していい意味で鈍感である。

乗り心地については大きくストロークした時の伸び側の動きが目立つのが少々気になった。伸びストロークに「バネっぽさ」がある。どっしりと重厚な味わいは薄めだ。

ただ、高減衰設定でありがちな角のある突き上げ感は皆無。荒れた路面での穏やかさは同クラスでもトップレベル。速度変化や路面状況の影響を受けにくい乗り心地でもあり、閑かな一時を過ごすにはいい按配である。



クラウンの美点 静粛性は?

快適性でも同様の印象。パワートレイン周りの音は、いずれの仕様も走りの手応えを感じられるように中高回転の踏み込み時には弾ける様な音質の排気音を示す。音量そのものは抑えられているので、静粛性とファントゥドライブのバランスが巧みである。

もっとも、一昔前のクラウンの代名詞のひとつだった静粛性とは異質。エンジンとの対話感は無刺激的快適性を求めればノイズである。また、ロードノイズも舗装状態による音質の変化は少なく比較的耳当たりがいいが、エンジンの気配が弱まる巡航時には存在感が強い。

それらはドライバーには魅力的な要素にもなるが、3.5ℓハイブリッド車をマジェスタの後継と位置付けると多少の違和感を覚えてしまう。VIPカー用途にも対応できるが、古典的高級セダンの味わいはなくなった。




ハイブリッド/ターボ 公道の走りは?


一般路におけるパワートレインの印象は、いずれも「元気」という表現が適切だろう。エコモードやノーマル(コンフォート)モードでは巡航中の回転数は低く抑えられ、加速時の回転上昇も少なめ。相対的には2.5ℓハイブリッド車が回転に落ち着きがないが、メリハリない回転変化は少ない。浅い踏み込みでの加速反応は良好。とくにハイブリッド車が優れ、3.5ℓ車はメリハリのある変速感もあって、一般路走行でも小気味よい。

ハイブリッド車と比較するとターボ車の反応は多少「鈍」な部分もあるが、内燃機車では標準的。むしろダウンシフトや回転上昇にリニアなトルク感は操る心地よさを高めてくれる。ダウンサイジングターボにありがちな高回転で息詰まることもなく、状況や走り方に応じてドライビングをアレンジする楽しさもある。

刺激を抑えて品のいいパワーフィールが新クラウンのパワートレインの特徴だが、これもドライバー視点の評価である。

前記したようにマジェスタ後継に3.5ℓを置けばパワートレインは元気感ありすぎ。動的に洗練されていても高性能感は同乗者にはネガな要素になりやすい。もちろん、それがオーナードライバーズカーにとって、とても魅力的なのは言うまでもない。



「買い」か?

新型クラウン その評価は……

高速高性能時代の高級セダンとして誕生したゼロ・クラウンは遣り過ぎたようで、その後は快適性を向上する方向で進化している。もっとも、バランス点を動かしているような改善方法に思われ、シャシーのポテンシャルアップは感じられなかった。

新クラウンの走りの要点はシャシーのポテンシャルアップであり、結果として操安性と乗り心地の両面が向上。パワートレインの性能向上も同様である。ポテンシャルアップ分をどこに優先的に配分したかと言えば、ドライバーの心地よさだ。これには操安と運転支援の相乗効果でもたらされた安心感も含めていいだろう。

VIPカーにアルファードなどの最上級1BOX型ミニバンが選ばれる御時世である。別に皮肉ではなく、居心地や執務室等々の機能も含めて最上級1BOX型ミニバンはひとつの正鵠を射た選択である。言い方を換えるならセダンは相対的にオーナードライバー志向の強いボディタイプとなるわけだ。



対ミニバン、対欧州プレミアム

オーナードライバー向けの「クラウン」として新型車を量れば上乗せしか見えてこない。後席環境も従来車より向上しているが、ドライバー向け魅力の増加分と比べればささやかだ。しかも、多くの魅力が高速道路や山岳路のロングツーリング向けというのも見所。距離や速度を感じさせない信頼感がある。

これは1BOX型ミニバンに対するセダンの物理的アドバンテージでもあり、新クラウンの選んだ道はまったく以て正しい。

従来車よりも価格のハードルが高まったが、トップレベルの機能を備えた先進運転支援装備や車載ITの標準化を考慮すれば納得できる価格設定。しかも、走りのポテンシャルアップで同車格輸入車も捉えられるクルマとなり、コスパの高さは言うまでもない。

Cクラスや3シリーズを考えているなら、新クラウンも候補のひとつとして検討することを勧めたい。



新型クラウン 試乗車スペック

クラウンG(水色/2.5ℓハイブリッド/FF)

■価格 562万1400円
■全長×全幅×全高 4910×1800×1455mm
■最高速度 –
■0-100km/h加速 –
■燃費 20.0km/ℓ(WLTCモード)
■CO2排出量 116g/km
■車両重量 1750kg
■エンジン 直列4気筒2487cc
■使用燃料 レギュラーガソリン
■エンジン最高出力 184ps/6000rpm
■エンジン最大トルク 22.5kg-m/3800-5400rpm
■モーター最高出力 143ps
■モーター最大トルク 30.6kg-m
■ギアボックス 電気式無段変速機





クラウンGエグゼクティブ(銀/3.5ℓハイブリッド)

■価格 718万7400円
■全長×全幅×全高 4910×1800×1455mm
■最高速度 –
■0-100km/h加速 –
■燃費 16.0km/ℓ(WLTCモード)
■CO2排出量 145g/km
■車両重量 1900kg
■エンジン V型6気筒3456cc
■使用燃料 プレミアムガソリン
■エンジン最高出力 299ps/6600rpm
■エンジン最大トルク 36.3kg-m/5100rpm
■モーター最高出力 180ps
■モーター最大トルク 30.6kg-m
■ギアボックス マルチステージハイブリッド・トランスミッション





クラウンRSアドバンス(白/2.0ℓターボ)

■価格 559万4400円
■全長×全幅×全高 4910×1800×1455mm
■最高速度 –
■0-100km/h加速 –
■燃費 12.4km/ℓ(WLTCモード)
■CO2排出量 187g/km
■車両重量 1730kg
■エンジン 直列4気筒1998ccターボ
■使用燃料 プレミアムガソリン
■最高出力 245ps/5200-5800rpm
■最大トルク 35.7kg-m/1650-4400rpm
■ギアボックス 8速オートマティック




なお、AUTOCAR JAPAN上でご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『新型トヨタ・クラウン公道試乗』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 川島茂夫)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します