現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > スバル インプレッサ に最新「スターリンク」…コネクト充実の2019年型

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.9

スバル インプレッサ に最新「スターリンク」…コネクト充実の2019年型

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは7月6日、『インプレッサ』の2019年モデルに、最新の車載コネクティビティを採用すると発表した。

2019年モデルのインプレッサの大きな特徴のひとつが、車載コネクティビティの「スターリンク」の最新版の採用。6.5インチのタッチパネルを核にしたマルチメディアシステムは、グーグルの「Android Auto」とアップルの「Apple CarPlay」に対応。リアビジョンカメラも標準装備される。

    スバル雪上試乗会でインプレッサの完成度や次期WRX STIの走りをチェック

上級グレードには、8インチのマルチメディアシステムを採用。音声認識やNFC(近距離無線通信)によるコントロールを可能にする。TomTom製のナビゲーションは音声コントロールでき、ワイヤレスの無線通信でアップデートが行われる。

この他、「スターリンク・セーフティプラスパッケージ」として、SOS緊急アシスタンスをはじめ、自動衝突警告、ロードサイドアシスタンス、メンテナンス通知などが導入される。また、「スターリンク・セーフティプラス&セキュリティプラスパッケージ」も設定。盗難車追跡サービスをはじめ、セキュリティアラーム作動通知、エンジンや空調の遠隔操作機能などが装備される。

さらに、「スターリンク・コンシェルジュ・パッケージ」も用意。レストランやホテルの予約、各種チケットの購入などのサービスを行ってくれる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します