現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ランドローバー70周年パレード グッドウッドで開催 初代レストアも

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.9

ランドローバー70周年パレード グッドウッドで開催 初代レストアも

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラシックから現行までがパレードラン

今年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでは、ランドローバーの70周年を記念し、同社の70モデルを集めたパレードランをおこなう。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

1947年型の初代ランドローバー・プロトタイプをはじめとして、クラシックモデルから現行モデルまでを集めて記念イベントを開催するようだ。4月にライブ配信されたイベントに始まった一連の記念行事は、来年新型のディフェンダー発表を持って終結する。

ランドローバーは次世代モデルへの準備として英国での生産戦略を改革している。初代が2011年に発売されて以来ベストセラーのイヴォークも、今後数カ月以内に新型が発表されるだろう。

一方、同社のクラシック部門は、昨年ウェールズで発見された初代ランドローバーのレストアを進めている。ジャガー・ランドローバー・クラシック・ワークスはすでに25台のシリーズ1のレストアを完了している。1台あたりの費用は6万から8万ポンド(879万から1171万円)だという。

このフェスティバルを主催するリッチモンド公爵は、「記念すべき年に、英国を代表するふたつの組織が揃いました。ランドローバーの70周年パレードを主催することができて光栄です」と語った。

ランドローバーの70周年がこのイベントの主眼ではあるが、ジェリー・ジュダが製作したアートワークが意識しているのはポルシェだ。ポルシェもまた今年70周年を迎える。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します