現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 欧州で流行中の「48Vマイルドハイブリッド」を採用した世界初のスクーター「PCX HYBRID」が9月に発売

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.9
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダの原付二種スクーター「PCX」に、量産二輪車としては世界初となるハイブリッドが登場する。発売開始予定は2018年9月14日、受注生産で43万2000円(税込)というメーカー希望小売価格は、125ccクラスのスクーターとしてはけっして安くはないが、初の量産ハイブリッドオートバイという価値は新しいモノ好きにとって所有欲を満たすのに十分な響きを持つ。

ハイブリッドシステムとしては、48V系リチウムイオンバッテリーをエネルギー源として、ACGスターター(交流発電機)が駆動力を生み出すというもの。(carview!)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • xfd*****|2018/07/09 11:23

    違反報告

    てっきり60万overで出ると思ってたから、この値段だと迷ってしまう。
    EV走行出来れば、早朝深夜の住宅街とか気を遣わず走れそう。
  • oku*****|2018/07/09 11:44

    違反報告

    中国の政策対応か?
    バイクではハイブリッド、メリットどのくらいあるのかな?
  • bon*****|2018/07/10 13:12

    違反報告

    巷で溢れてる電動スクーターよりかは遥かに実用的だろうね。
    125ccの維持費で150cc並のパワーというのは少し魅力的だな。タンデムとかは楽そう。