現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ケンオクヤマカーズ・コード0、日本初披露 コード9量産タイプも初公開 写真40枚

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.9

ケンオクヤマカーズ・コード0、日本初披露 コード9量産タイプも初公開 写真40枚

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 1970年代のスタディモデルが原点
ー コード9スパイダー量産モデル 世界初公開
ー イッセイ・ミヤケ・ウォッチGT登場

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

1970年代のスタディモデルが原点

近年のコンセプトカーといえばEVや自動運転などの最新テクノロジーを競うものになってしまい、往年の最先端を突っ走るデザインを競うスタディモデルから大きく逸れてしまった。

こうした中でフォーリセリエのワンオフ・モデルとして製作されたのが「kode9(コード9)」である。デザイン・コンセプトの時代背景は現在にも大きな影響を残す時代の変わり目といえる1969/1970年。人類が未来への夢にあふれていた時代で、自動車界ではランチア・ストラトス・ゼロ、ランボルギーニ・カウンタック、フェラーリ・モデューロ、アルファ・ロメオ・カラーボやビッザリーニ・マンタなどのウェッジ・シェイプでモノシルエットのドリームカーが次々と登場し、デザイン界に大きな影響を与えるとともに、ファンにとっても夢が膨らむ時代だった。

これらのドリームカーを現代の技術で復活させるというのが「kode0(コード0)」のコンセプトだった。デザインの原点になったのは、今も多大なインパクトを放つランチア・ストラトス・ゼロ。ストレートなウェッジ・シェイプを現代の空力テクノロジーで磨き上げたもので、低いノーズからAピラー、グラスエリアを経てリアに至るシンプルながらインパクトのあるラインが特徴だ。ドアはドリームカーにとって不可欠なアンヘドラル・タイプとされ、止まっているときから存在感を放つ。

奥山氏によれば「ブランドのスタイリングによる差別化のため、また昨今のレギュレーションに縛られたレースカーの空力デバイスを表面的に迎合することに加え、スーパー・スポーツカーの幼稚とも言える複雑なディテール・デザインがトレンドになっていることへのアンチテーゼ」だという。

ボディカラーはシルバーでカーボンパネルとのコントラストが印象的。差し色としてグリーンがモノコックやドアフレームへ効果的に配され、より特別な印象を見るものに与える。注目したいのはリアエンドから覗くクーリング・ファンがグリーンに塗られ、’70年代のファンカーのような強烈な存在感を放っていることだ。

ベースとなったのはスーパーカーに欠かせないV12ユニットを備えるランボルギーニ・アヴェンタドールで、カーボンファイバー製ボディパネルの採用により車重は1550kgまでシェイプアップされている。

世界の最高レベルのコンポーネンツを用い、KEN OKUYAMA DESIGN東京スタジオで開発され、内製による最高品質のカーボンファイバーによるボディパネルの製造や、切削パーツの製作およびアッセンブルは山形ファクトリーで行われる。世界的にカーデザイン界が衰退している中にあって、高い志しと夢を追い続けるケンオクヤマカーズの活動は、片時も目が離せない。

ケンオクヤマカーズ・コード0 スペック

パワートレイン:V型12気筒6498cc
ステアリング:左
全長:4635mm
全幅:2125mm
全高:1135mm
ホイールベース:2700mm
トレッド:1810/1760mm
車両重量:1550kg
最高出力:700ps/8250rpm
最大トルク:91.8kg-m/5500rpm
燃料タンク:-
公表燃費:-
最小回転半径:-
最高速度:-



コード9スパイダー量産モデル 世界初公開


今回「コード0」の日本初披露と共に、「コード9スパイダー」プロダクション・モデルのワールドプレミアも行われた。2015年の東京モーターショーで発表された2座ライトウェイトの量産モデルである。

カラーリングは1960年代末からレース界で大活躍した「ガルフ・カラー」。奥山氏がインパクト受けたフォードGT40、ポルシェ917、そしてスティーブ・マックイーンが原点で、ガルフ石油の承認を得て塗られたという。

ミドに積まれるパワーユニットはカスタマーの好みによって選べるが、今回展示されたのはホンダ製1.8ℓターボ・ユニットを搭載。780kgと軽量に仕立てられると共に、低重心構造と相まって素晴らしいハンドリングを楽しむことができる。

プロダクション・モデルの開発に際し、戦略的な価格を提示すべく新たな生産体制と受注システムを構築中とのこと。新しいオーダー・プログラムは近日発表される予定。

「コード9スパイダー」プロダクション・モデル

パワートレイン:直列4気筒1800cc-2400cc
全長:4014mm
全幅:1905mm
全高:1122mm
ホイールベース:2300mm
トレッド:1565/1580mm
車両重量:780kg~



イッセイ・ミヤケ・ウォッチGT登場

また会場では奥山氏自らがスケッチを描きながら、カウンタックのデザインの必然性が解説され、自ら手掛けたエンツォ・フェラーリを例に、要求される機能をクリアしながらデザインすることの難しさや、開発に際してのエピソードが披露された。

あわせて「グランド・ツーリング(多いなる旅)」というコンセプトで奥山氏がデザインした「イッセイ・ミヤケ・ウォッチGT」も披露。カーデザインで培った疾走感あふれるデザインに、装着感、視認性といった基本デザインの追及に加え、日本を代表する精緻な時計技術を融合して創り上げた逸品の登場だ。

なお、AUTOCAR JAPAN上でご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『ケンオクヤマカーズ・コード0、日本初披露』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します