現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 1~6月の外国メーカー、登録15万台 過去何番目? 「2018年6月に売れたインポートカー」

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.8

1~6月の外国メーカー、登録15万台 過去何番目? 「2018年6月に売れたインポートカー」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q:2018年上半期で15万1803台(前年同期比0.5%増)の新規登録台数を達成した外国メーカー車。過去何番目の記録?

text:Naojiro Onuki(大貫直次郎) photo:Hidenori Hanamura(花村英典)A:1997年以来の高い水準の台数で、過去3番目の好記録。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

ドイツ勢の好調ぶりに加えて、ボルボやジープ、プジョー、シトロエンなどの健闘が光った。

外国メーカー車の新規登録台数 3カ月ぶりマイナス

国産登録車の新車販売が低迷した一方、トータルで見た輸入車は好セールスを維持する。日本自動車輸入組合(JAIA)がまとめた2018年6月の外国メーカー車の新規登録台数は、前年同月比1.1%減の3万1788台と3カ月ぶりのマイナスとなったものの、日本メーカー車含では同3.8%増の3万6889台と、3カ月連続での前年超えを成し遂げた。

この結果、2018年上半期(2018年1月~6月)では外国メーカー車の新規登録台数が前年同期比0.5%増の15万1803台を、日本メーカー車含では同5.0%増の18万2519台を達成。外国メーカー車の数字は1997年以来の高水準で、さらに過去3番目の好記録となった。また、外国メーカー車では9年連続、日本メーカー車含では3年連続での前年同期超えを実現。登録車に占める外国メーカー車のシェアも、8.8%の高レベルをキープした。

輸入車の市場動向ついてJAIA関係者は、「6月の外国メーカー車の新規登録台数は微減だったものの、受注そのものは新型車を中心に堅調。ドイツに加えてフランスやイタリアのブランドも健闘している。需給ギャップがより縮まれば、販売台数は伸びてくるだろう。また、日本メーカー車は好調をキープし、前年同月比50.6%増の5101台を記録する。牽引したのはトヨタとホンダとスズキで、トヨタは同43.0%増の2150台で全体の第6位、ホンダは同6475.0%増の1315台で第8位、スズキは同16.0%増の385台で第16位に入った。価格帯別では400万円以上1000万円未満がとくに順調。人気の高いSUVモデルやディーゼル車などが400万円以上の価格帯に多いことが、実績となって表れている」と紹介。

今後の展開については、「SUVモデルを中心に受注は好調で、さらに今後このカテゴリーでの車種設定が増える見込みなので、これらがどれくらい販売台数を伸ばすかがカギになる。フルモデルチェンジを控えている定番モデルの投入、新ブランドのアルピーヌの販売動向も注目点だ。好調なブランドが積極的にディーラー網を再編し、さらに新たな販売キャンペーンを展開していることもプラス要素」と分析した。

2018年6月「インポートカー」新規登録ランキング

車名別インポートカー新規登録台数 (1月からの累計台数順)

日本自動車輸入組合 乗用車、貨物、バス合計(カッコ内は前年比)1位 メルセデス・ベンツ 6127台 (92.9%)
2位 フォルクスワーゲン 5336台 (101.9%)
3位 BMW 5387台 (90.2%)
4位 アウディ 3154台 (98.3%)
5位 BMWミニ 2571台 (92.7%)
6位 トヨタ 2150台 (143.0%)
7位 ボルボ 1953台 (123.1%)
8位 ホンダ 1315台 (6575.0%)
9位 日産 1054台 (86.6%)
10位 ジープ 1263台 (111.0%)

11位 プジョー 1031台 (121.3%)
12位 ルノー 663台 (105.9%)
13位 ポルシェ 773台 (100.5%)
14位 フィアット 699台 (90.8%)
15位 スズキ 385台 (116.0%)
16位 ランドローバー 332台 (90.5%)
17位 シトロエン 375台 (128.0%)
18位 三菱 197台 (62.9%)
19位 ジャガー 424台 (148.3%)
20位 アバルト 257台 (104.9%)

M・ベンツ 40カ月連続で首位

外国メーカー車の6月のブランド別成績では、前年同月比7.1%減ながら6127台の新規登録を達成したメルセデス・ベンツが40カ月連続での首位につく。続く第2位(1月からの累計台数では3位)には、同9.8%減ながら5387台を記録したBMWが6カ月ぶりに位置。第3位(1月からの累計台数では2位)には同1.9%増(5336台)ながら1ランクダウンしたフォルクスワーゲンが、第4位には同1.7%減(3154台)でアウディが入った。

4巨頭以外では、ボルボが前年同月比23.1%増(1953台)、ジープが同11.0%増(1263台)、プジョーが同21.3%増(1031台)、ルノーが同5.9%増(663台)、ジャガーが同48.3%増(424台)、シトロエンが同28.0%増(375台)、アルファ・ロメオが同77.4%増(259台)、アバルトが同4.9%増(257台)、シボレーが同75.0%増(84台)の好成績を達成する。また、スポーツカーブランドではマクラーレンが同61.5%増(21台)、ロータスが同28.6%増(18台)を成し遂げた。

一方、2018年上半期の外国メーカー車のブランド別順位は、前年同期比0.6%減と伸び悩んだものの3万2503台を達成したメルセデス・ベンツが4年連続でのトップに輝く。続く第2位には、同1.9%増(2万6078台)と復調したフォルクスワーゲンがランクイン。第3位には同7.8%減(2万3458台)のBMWが、第4位には同4.4%増(1万4052台)のアウディが入った。

トップ4以外では、BMWミニが同2.4%増(1万2772台)、ボルボが同10.8%増(8725台)、ジープが同13.2%増(5640台)、プジョーが同32.7%増(5231台)、ランドローバーが同21.7%増(2007台)、シトロエンが同32.2%増(1723台)、アバルトが同1.4%増(1251台)、アルファ・ロメオが同62.2%増(1171台)、シボレーが同57.8%増(426台)と前年同期超えを成し遂げる。スポーツカーブランドの好調さも際立ち、ランボルギーニが同14.3%増(319台)、ロータスが同51.1%増(139台)、マクラーレンが同65.7%増(116台)を達成。日本ブランドでは、トヨタが同42.9%増(1万1598台)、ホンダが同6552.7%の大幅増(7451台)、スズキが同9.0%増(2814台)を記録した。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します