現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダNSXのメカニズムを徹底解説!

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.7

ホンダNSXのメカニズムを徹底解説!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

500㎰オーバーのV6ツインターボエンジンとモーターが後輪を駆動し、独立したふたつの専用モーターで、前輪がアシストだけでなく緻密なトルクベクタリングも行なう新型NSX。スーパースポーツに相応しい3モーターの独自のハイブリッドシステムが、世界第一級の運動性能をホンダのフラッグシップに与えた。

V6ツインターボを極限まで低く搭載

    ホンダN-WGNを一層上質に、そしてカッコ良く!「SSブラックパッケージ」など、6種類の特別仕様車が一挙に登場!

パッケージの主なねらい
・低重心・コンパクト設計
・重量物を重心位置に集中化
・狙いの前後重量配分
・オーバーハングの短縮

強固な骨格をイメージ

専用の形状が与えられたステアリング

サーキット走行を考慮した視界の確保

圧迫感のない視界は初代からの伝統

ダウンフォースと冷却性能をバランス

実用性の確保もNSXの伝統

軽さを目指した適材適所

カーボン、アルミ、樹脂を使ったアウターパネル

砂型に水をかけて高速冷却

優れたエネルギー吸収性能

マイナスリフトを実現したフォルム

新設計された3.5ℓV6ツインターボ

目標パワーを達成するため縦置きに

低重心とレイアウトの関係から導かれたバンク角

耐摩耗性に優れたプラズマ溶射シリンダー

筒内直接噴射&ポート噴射

冷却系はフロントに集中配置

3種類のボルトで回転バランスを調整

電動ウェイストゲートターボチャージャー

モーターがターボラグを解消する

重心バランスを考慮したハイブリッドシステムの配置

モーターのダイレクト水冷システムを採用

200km/hまで駆動をアシスト

27kWのフロントモーター

トルクを増幅させるプラネタリーギヤ

フロントのヨーモーメント制御

伝統の平行軸式トランスミッション

2~8速がクロスしたギヤ比に設定

吸排気サウンドをコントロール

ダブルウイッシュボーン式フロントサスペンション

マルチリンク式リヤサスペンション

磁性流体式減衰力調整

トルクステアを低減するロワアーム

可変ギヤレシオのパワーステアリング

カーボンセラミック・ブレーキ

ブレーキフィールの調整

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan ニューモデル速報)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します