現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「禁断のタイヤ鳴らし」で焦る石井昌道! V-OPT新キャラ誕生か!?【スバル・フォレスター試乗】

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.6

「禁断のタイヤ鳴らし」で焦る石井昌道! V-OPT新キャラ誕生か!?【スバル・フォレスター試乗】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーチューバー!?になった「VIDEO OPTION CHANNEL」(V-OPT)。新作、アーカイブ、D1-GP…と日々、編集作業に奮闘中。そんな中、新たなコンテンツを求めて取り組んでいるのが「新車試乗会」の撮影です。

早速、新プラットフォームが話題の「スバル・新フォレスター」の試乗会へ出動しました。インプレッションしていただくのは「走れる知性派モータージャーナリスト」としてご活躍の石井昌道さん、V-OPT初登場です!

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

ターボ仕様が消えた新フォレスター。試乗したグレードは、2.5L・DOHC(ガソリン車)の「Premium」と2L・DOHC直噴+e-BOXCER(モーター)の「Advance」です。

本日のテストコースは普段は自転車用として使われているクローズド・コース、パッと見はどこかの峠のようですね。

「新プラットフォーム『SUBARU GLOBAL PLATRORM』はスバルらしいスポーティな感覚で、安定感の高さがいいですね。今までのも良かったけど、さらに洗練された感じ!」と石井さん、お気に入りのようで、峠をけっこう元気よく攻めています。

「あ・・・タイヤ鳴らしちゃダメって言われてたんだ(汗)」・・・石井さん、映像に証拠が残っちゃいました。しかも全国に公開されてしまいました!(笑)

「ヒルディセント・コントロール」という、悪路走行時にブレーキを使わずに車速を一定にコントロールしてくれる新機能説明などは、石井さんらしい、分かりやすいホンネのレポートとして語ってくれた全開試乗動画をご覧ください。

と、動画内容は真面目なのですが、ところどころにV-OPTらしい?テロップが出てきます。そんな、OPTION誌の「テスト・オン・ロード」的な、新型車のちょっと真面目で役に立つ動画も今後、V-OPTチャンネルで公開していきますのでお楽しみに! チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

(永光やすの)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar 永光やすの)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します