現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > SUVクーペ 新型BMW X4に試乗 2代目に進化 優れたオールラウンダー

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.5

SUVクーペ 新型BMW X4に試乗 2代目に進化 優れたオールラウンダー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

どんなクルマ?
ー 臨戦態勢を整える2代目
どんな感じ?
ー クルマの雰囲気はワンランク上昇
ー 従来以上にバランスの高い走り
「買い」か?
ー 優れたオールラウンダー
スペック
ー BMW X4 M40d Mパフォーマンスのスペック

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

どんなクルマ?

臨戦態勢を整える2代目

クーペスタイルのスポーツ・ユーティリティ・ビークル(SUV)の中でも、ミドルサイズのプレミアムモデルは特に、熱戦が繰り広げられている。車高が高くラグジュアリーな装備を備え、BMW X4だけでなく、ランドローバー・イヴォークやメルセデス・ベンツGLC、ポルシェ・マカンなどは、英国でも人気となっている。

このクロスオーバーモデルの競争の激しさは、BMWが初代登場からわずか4年で、X4を第2世代へとモデルチェンジしたことにも表れている。加えて今回のモデルチェンジは、メカニカル面で共有するX3とモデルサイクルを一致させる目的もある。一躍BMWの稼ぎ柱に躍り出たセグメントに対し、生産ラインの効率化図りながら、最新モデルでのアドバンテージを稼ぎたいという思惑だ。

今回テストするモデルは、5万5315ポンド(807万円)のM40d Mパフォーマンス。最新モデルのスターティングメンバーとして、現時点でのフラッグシップとなる。この他にxDrive20dとxDrive30d、M40i Mパフォーマンスが英国ではラインナップされる。

BMW最新の直列6気筒3ℓツインターボ・ディーゼルエンジンは、4400rpmで330psの最高出力と、比較的ナローバンドに感じられる1750rpmから2750rpmの間で、69.1kg-mの最大トルクを発生。エンジンはフロントに縦置きされ、8速ティプトロニックATと組み合わされる。新しいX4は全てのモデルで駆動力が変化する4輪駆動システム、xドライブを搭載する。

現時点で最も高性能なM40d Mパフォーマンスは、0-100km/h加速を4.9秒でこなし、最高速度は、249km/hでリミッター制御。燃費は16.9km/ℓ、二酸化炭素の平均排出量はNEDC(新欧州ドライビング・サイクル)で173g/kmと公表されている。

その進化ぶりを確かめてみよう。

どんな感じ?

クルマの雰囲気はワンランク上昇

走りのパフォーマンスは、トップエンドのパワーよりも、中回転域での太いトルクによって支配されている印象。車重は1895kgもあるが、AT任せの状態でも加速は鋭い。この標準装備となる8速ATは極めてズーズで、シフトアップ、シフトダウンともに変速もクイック。X4を以前に米国でテストしたときと変わらず、高速道路ペースでのスピードでならアクセル操作は最小で済み、高いギアを使って安楽な運転もいとわない。

M40d Mパフォーマンスのキビキビとした走りは、新しいX4のイメージにぴったり。スタイリングや走行性能の面で、クルマの雰囲気は従来型よりもワンランク上がった印象があり、ニューモデルのX2との差は広がったように思う。

ベースとなっているX3と同様に、X4の製造は米国のスパータンバーグで行われており、ボディサイズもX3と合わせるように拡大。全長は81mm伸ばされ4752mmに、全幅は37mm広がり1918mmに、ホイールベースも54mm伸ばされて2864mmとなった。その反面、最低地上高がわずかに下げられ、全高は3mm減の1621mmとなっている。

車内はX3で見慣れたダッシュボードが備え付けられ、上質な素材に覆われたパネル類、可読性の高いフルデジタル・インスツルメント、サポート性に優れたフロントシートが出迎えてくれる。また第6世代へと進化したBMW iドライブのコントローラーと、タッチスクリーン式のインフォテインメントシステムも備わる。

インテリアの仕上がりは素晴らしい。操作系は機能的にレイアウトされ、ドライビングポジションは充分低く、X3よりもスポーティな印象を高めてくれる。傾斜したルーフラインのおかげで後方視界は制限されるものの、警告音と視覚的にドライバーへ状況を伝えてくれる、高精度なセンサー類がドライバーを補助する。M40dにはMスポーツ的な装備も加わっており、握りの太いステアリングホイールに、スポーツシートなども装備されている。

従来以上にバランスの高い走り

フロントシート周りは基本的にX3と変わらないから、頭上や膝前の空間にも不足は感じられない。リアシートは座面が低く下げられ、従来モデルのX4より明らかに広くなっており、ファミリーカーとして日常的に家族を乗せても、不満は出ないだろう。

自動で開閉する大きなテールゲートは、開口部は広いものの、床面は比較的高い位置に感じられる。ラゲッジスペースは従来モデルよりも25ℓ大きく、525ℓになった。40:20:40で分割できるリアシートの背もたれを倒せば荷室の床はフラットになり、1430ℓにまで広がる。

市街地での移動や、郊外の道でのドライブなどの面でも、新しいX4は明らかに従来モデルよりもバランスに優れており、訴求力も増していると思う。BMWの新しいプラットフォーム、CLAR(Cluster Architecture:クラスター・アーキテクチャ)を採用し、フロント周りは完全な新設計。サスペンションは新しいダブルウイッシュボーンに生まれ変わり、前後の重量配分も50:50に整うことで、極めて高次元のステアリングレスポンスと、向上したボディコントロール、安定した乗り心地を提供している。

この優れた路上での素性に加えて、X4には、リアアスクル内に備わったプラネタリーギアを使用して、両輪の駆動力を最適に制御する4輪駆動システムを搭載。優れたトラクションを提供することで、突出したハンドリング性能を備えている。

車重が重く、車高も高いクルマでありながら、タイヤのスキール音を発することもなく、高速でのコーナリングを楽しむことができるのだ。

「買い」か?

優れたオールラウンダー

走りに拘るドライバーにとっては、やや高額にも思えるが、M40dが最有力となるはず。

その反面、X4のモデルラインナップの中では、より安価なxDrive20dやxDrive30dの方が、スイートスポットとなる可能性が高いとも考えている。どちらのモデルも発売が控えているものの、残念ながら今回のテストでは確かめることができなかった。

X4は、魅力的なスポーティさを備えた、極めて優れたオールラウンダーだと思う。レスポンスに優れたダイナミクス性能に加えて、技術的な洗練性も高い。クラスの中でも競争力に優れた品質と、車内空間も身に着けており、より背の高いX3が持つ日常的な利便性や多用途性を求めないなら、オススメできるモデルだといえるだろう。

BMW X4 M40d Mパフォーマンスのスペック

■価格 5万5315ポンド(807万円)
■全長×全幅×全高 4752×1918×1621mm
■最高速度 249km/h
■0-100km/h加速 4.9秒
■燃費 16.9km/ℓ
■CO2排出量 173g/km
■乾燥重量 1895kg
■パワートレイン 直列6気筒2979ccツインターボ
■使用燃料 軽油
■最高出力 330ps/4400rpm
■最大トルク 69.1kg-m/1750-2750rpm
■ギアボックス 8速オートマティック

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN グレッグ・ケーブル)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します