現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 日産リーフのバッテリー スタジアムの電力システムに再利用 オランダ

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.4

日産リーフのバッテリー スタジアムの電力システムに再利用 オランダ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー リーフの電池再利用 太陽光発電からの供給分を蓄電
ー 日産 新たな電力のエコシステム構築を目指す

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

リーフの電池再利用 太陽光発電からの供給分を蓄電

アムステルダムでは6月29日、電動自動車のバッテリーを用いたヨーロッパ最大の蓄電システムが稼働した。サッカーチームのアイアスが拠点とするヨハン・クライフ・アリーナの電力供給に用いられる。

日産は、電力会社のイートンを含む複数の技術会社や地元の機関と協力し、アリーナのシステムにリーフの中古及び新品のバッテリーを148台提供した。

4200台のソーラーパネルがスタジアムの屋根に設置され、ここから供給された電力がバッテリーセルに蓄えられる。

日産によれば、3MW、2.8MWhの蓄電設備は、スタジアムがオランダの電力網から得る電力量を一定に保ち、スタジアムやその近隣施設に「信頼性の高い、効率的なエネルギー」を供給することができるという。

日産 新たな電力のエコシステム構築を目指す

日産はこの新システムによって、「電気自動車で使用されたバッテリーの循環サイクルを作りあげた」という。

同社のフランシスコ・カランサは次のように語る。「日産のEVで使用したバッテリーを他の目的に再利用することで、より効率的で持続可能なエネルギーシステムの構築に貢献します」

ヨハン・クライフ・アリーナのイノベーションディレクター、ヘンク・ファン・ラーンいわく、このシステムのおかげで、アリーナは「停電時でも膨大な電力を使用できる」ようになり、「オランダの電力網の安定にもつながる」という。

このスタジアムのシステムは、電気自動車のバッテリーの利便性と寿命を拡大するべく、日産が投資した最新の事例だ。日産は今年前半に、英国政府と協力して、今後3年で英国全土にV2G(電気自動車から電力網に電力を供給するシステム)スポットを設置するプロジェクトを開始した。

カランサは次のように語る。「われわれはひとびとの、自動車とのあり方や暮らし方を変え、持続可能な社会で欠かせない技術として、このような電力のエコシステムを作り上げていきます」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します