現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > スバル フォレスター 新型…Advance に e-BOXER 採用[詳細画像]

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.3

スバル フォレスター 新型…Advance に e-BOXER 採用[詳細画像]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SUBARU(スバル)は6月20日、新型『フォレスター』を発表した。2.0リットル水平対向4気筒DOHC直噴エンジンと電動技術とを組み合わせた「e-BOXER」を採用した「Advance」仕様は、9月14日に発売される。

「e-BOXER」とは、スバルらしい走りの愉しさに加え、環境にも配慮した水平対向エンジン+電動技術の総称だ。スバルでは、同社初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」など新たな価値を加えることで、新型フォレスターの機能・性能を磨き上げたという。新型フォレスターの駆動はAWD(四輪駆動)、変速機はリニアトロニック。

    新型フォレスター試乗 “ターボ無し”で走りはどうなのか?

新型フォレスターの先行予約台数は、5月18日から6月18日までに4119台に達し、グレード別では、ドライバーモニタリングシステムとe-BOXERを搭載するAdvanceが、全体の約4割と最も多くの予約数だったという。フォレスターAdvanceの価格は309万9600円(消費税込)。

新型フォレスターにはAdvanceのほか、2.5リットル水平対向4気筒DOHC直噴エンジンを搭載した「Premium」「Touring」「X-BREAK」の3仕様も設定され、消費税込価格は291万6000~302万4000円。これらは7月19日に発売される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 高木啓)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ini*****|2018/07/03 23:18

    違反報告

    かつてのスバルに与えられていた硬派とか骨太とか無骨というイメージを踏襲するわけでもなく、プレミアムブランド気取りの思い上がりから来る逃げと怠慢、自己満足が見事に反映した凡庸なデザインと受け止めました。
  • uta*****|2018/07/03 22:54

    違反報告

    革のあしらい方にセンスがない
    革の色も、仕上がりも
    HVも外観も
    なんでこうなった…

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します