現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マセラティ・エルドラド60周年 アイスクリームメーカーの広告塔

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.3

マセラティ・エルドラド60周年 アイスクリームメーカーの広告塔

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーシップの先達 写真18枚

マセラティ・エルドラドは、間違いなく、名車と呼べる1台だ。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

1958年。モータースポーツの世界とはまったく関係ないブランドのスポンサードを受けた、ヨーロッパ初のシングルシーター・レーシングマシンである。

スポンサーについたブランドは、アイスクリーム・メーカーのエルドラドだった。

国際自動車連盟が割り当てたナショナルカラーではなく、パートナー企業のカラーリングが施されたという点で、今ではモータースポーツの定番となったスポンサーシップの先達と言える。

マセラティは、エルドラド・アイスクリーム・カンパニーのオーナー、ジーノ・ザネッティの命を受けて、レーシングマシンを製作。自身のブランドを国際的にプロモーションしたいと考えたザネッティは、モンツァで初開催される「トロフェオ・デイ・ドゥエ・モンディ」に参戦するため、シングルシーターの製作をマセラティに依頼したのだ。

マセラティが作り上げた420/M/58 は、イタリアンレッドではなく、エルドラドのコーポレートカラーであるクリーム色だった。側面には黒のボールド体で大きく企業名が記され、ノーズと小型ディフレクター下に小さなロゴが配された。さらに、ノーズ中央とリアフィン左右側面には、笑顔のカウボーイのイラストが描かれている。



パワートレイン 左にオフセット

450Sツインカム・モデルに搭載されたV8ユニットをベースとするエンジンは、排気量が4190ccに落とされたものの、410hp/8000rpm の最高出力を発揮。また、超高速バンクを反時計回りにアプローチすることを考えて、エンジンとトランスミッションを左に9cmオフセットして、左右重量配分のバランスを取った。

ギアボックスは2速、ドディオン・リアアクスルにはディファレンシャルすら装着されていない。250F由来のチューブラーシャーシは、F1用よりもサイズを大きくするとともに随所に補強を入れて、モンツァのコンクリート路面で経験する強烈な機械応力に対応した。

その一方で、ハリブランド製マグネシウム・ホイールとファイアストン・ブレイズド・トレッドタイヤを組み合わせ、さらに空気より比重が小さなヘリウムを充填。マシン重量は758kgに抑えている。

マセラティ・エルドラド スペック

ボディタイプ:インディタイプ・シングルシーター
エンジン:90° V8
排気量:4190cc
最高出力:410hp/8,000rpm
トランスミッション:2速マニュアル
シャーシ:チューブラー構造、アルミニウム・ボディワーク
車両重量:758kg
最高速度:350km/h超

なお、AUTOCAR JAPAN上でご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『マセラティ・エルドラド60周年』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • rak*****|2018/07/03 09:07

    違反報告

    国際自動車連盟(FIA)が国別に車両の塗装色を指定していた時期がある。
    例えば、
    イギリス:緑
    フランス:青
    ドイツ:銀
    イタリア:赤
    などだが、ホンダのF1参戦に伴い、それまでなかった日本のナショナルカラーを決める必要が生じた。本田宗一郎は「黄金の国ジパング」にちなんで日本のナショナルカラーとしてゴールドを希望した(何なら車体全体に金箔を貼っても良いと言っていたとも・・・)。しかしゴールドは既に南アフリカのナショナルカラーであったので却下。そこでアイボリーを提案するが、これはドイツと見分けづらいということで日の丸を追加し「アイボリーに赤丸」が日本のナショナルカラーとなった。(ウィキペディアより抜粋・加筆)

    まあ、パートナー企業のカラーリングが施された車両で最も成功した例は、英国インペリアルタバコのブランド『ジョン・プレイヤー・スペシャル』、すなわち『JPS』と『ロータス』とのコラボではなかろうか。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します