現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 7代目「レクサス ES」、静粛性・走りを一新していよいよ今秋日本導入!

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.3

7代目「レクサス ES」、静粛性・走りを一新していよいよ今秋日本導入!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今春の北京モーターショーでワールドプレミア、トヨタ自動車が今秋の発売を予定している「レクサス ES」。

日本では2~4代目に相当するモデルが、「トヨタ ウィンダム」として販売されていましたが、5代目、6代目(現行モデル)については海外専用モデルとなり、次期モデルの7代目から「レクサス ES」として正式に国内導入されることになります。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

「ES」はレクサスシリーズ唯一のFFモデルで、上質な乗り心地や静粛性、広い室内空間で好評を博し、数多くの国・地域における基幹モデルとして、レクサスの歴史を築き上げてきました。新型では、新世代レクサスとしてエクステリア・デザイン、走り共に大きく変革を遂げており、ESの原点と言える「上質な快適性」をさらに進化させています。

ダブルウィッシュボーン式リヤサスペンションを導入した高剛性・低重心なGA-Kプラットフォームを活かし、広く快適な室内空間や「優れた操縦安定性」と「乗り心地の良さ」の相反する要素の「二律双生」を実現。

また、レクサスのDNAである「優れた静粛性」の実現に向け、音源対策、吸音、遮音等において、徹底的な作り込みを行なっているそうです。

安全面では夜間の歩行者も検知可能な「PCS」(プリクラッシュセーフティ)、同一車線内操舵支援機能「Lexus CoDrive」などを備えた第2世代の「Lexus Safety System +」を搭載。

「ES300h」に加え、スポーティモデル「F SPORT」が用意されており、ドライバーの運転操作に忠実に反応する走りを実現するため、車体前後にボディの捻りを制御するパフォーマンスダンパーを配置、減衰力の制御を行うリニアソレノイド式AVSを採用、19インチホイール/タイヤを装着しています。

7代目にして、いよいよ日本に本格導入される最新のレクサス、「ES」の今秋発売が大いに待たれます。

(Avanti Yasunori・画像:Lexus)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar Avanti Yasunori)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します