現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【新車】スズキ「ソリオ/ソリオ バンディット」が追従クルーズコントロールを新装備

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.3

【新車】スズキ「ソリオ/ソリオ バンディット」が追従クルーズコントロールを新装備

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スズキのコンパクト・スライドドア車「ソリオ/ソリオ バンディット」が先進安全装備をグレードアップして、2018年7月20日より新発売となります。

すでにステレオカメラを使う衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」を採用しているソリオ/ソリオ バンディットですが、夜間に歩行者を検知する機能を追加することで、予防安全性能を一段をアップしました。また、ハイビームアシストも追加しています。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

さらに、リヤバンパーに内蔵する4つの超音波センサーにより後退時の衝突被害軽減ブレーキとなる「後退時ブレーキサポート」を新採用。前後の予防安全性能を高めたことで、「セーフティ・サポートカー」の「サポカーS ワイド」に該当する安全性能を実現しています。

利便性では、ステレオカメラを利用したアダプティブクルーズコントロールの新採用が光ります。カバーする速度域は約40~100km/hとなりますが、先行車に追従して速度を自動的に調整することで、ロングツーリングの快適性と安全性が高まります。

あわせて、15インチアルミホイールやシート表皮を変更した他、ソリオはフロントロアグリルにメッキ加飾を追加、ソリオ バンディットはフロントバンパーやフロントグリルの意匠を変更するなど、商品性を向上させています。

機能面では、すでに4WDに採用済みの助手席シートヒーターを、ハイブリッド(2WD)にも採用したほか、ハイブリッドに設定されている「エコモードスイッチ」をステアリングに移設しています。一部グレードにはパドルシフトも備わりました。上級グレードにはSRSカーテンエアバッグを標準装備することで衝突安全性も上げました。

メーカー希望小売価格は、ソリオが1,459,080円~2,179,440円。ソリオ バンディットが1,944,000円~2,168,640円となっています。

 

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar 山本晋也)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します