現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ダイハツ ブーン、加速性能向上のメーカーOP「D-チューン エディション」を追加設定

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.2

ダイハツ ブーン、加速性能向上のメーカーOP「D-チューン エディション」を追加設定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイハツは、小型乗用車『ブーン』の上級グレード「シルク」に、新たなメーカーオプション「D-チューン エディション」を追加設定し、7月2日から販売を開始した。

2016年4月にフルモデルチェンジしたブーンは、ダイハツが軽自動車で培ってきた強みを生かし開発した小型乗用車。2017年10月には、車両にスポーティな印象を与えるアクセサリーパッケージとして「スポルザ リミテッドパッケージ(ブラックストライプ、レッドストライプ)」を設定した。

    新型ブーン/パッソ試乗。企画からダイハツ担当で完成度はどうなる?

今回は、エクステリアのドレスアップに加え、街乗りでの軽快な走りを実現するD-チューン エディションを設定。CVTのファイナルギヤを約20%ローギヤ化し、街乗り速度域での加速性能を向上させた。これにより、0~40km/hの発進加速を時間で約8%、40~80km/hの加速を時間で約10%短縮している。

価格はオープン価格。なお、同オプションは型式指定からの変更となるため、持ち込み検査による新規登録が必要となる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します