現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 試乗 三菱ショーグン(パジェロ)・スポーツ 英国で復活 高いオフロード性能

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.2

試乗 三菱ショーグン(パジェロ)・スポーツ 英国で復活 高いオフロード性能

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

どんなクルマ?
ー 11年ぶりに復活するショーグン・スポーツ
どんな感じ?
ー 大人も座れるサードシート
ー 詰めの甘さが残るオンロード性能
ー オフロード性能ではライバルより勝る
「買い」か?
ー メジャーになるには難しい
スペック
ー 三菱ショーグン・スポーツ4のスペック

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

どんなクルマ?

11年ぶりに復活するショーグン・スポーツ

三菱ショーグン(パジェロ)・スポーツは、三菱自動車のフラッグシップモデルとなる新型SUV。このモデルは、ほかのマーケットではパジェロ・スポーツの名でも知られており、三菱の少し無骨なSUVモデルファミリーのトップに位置することになる。

特徴は7人乗りという実用性と、余裕のある牽引力に、悪路での高い走破性が組み合わされているところ。全長は4785mmで全幅は1815mm、全高は1805mmとなり、ロングホイールベース版のショーグン(パジェロ5ドア)よりもひと回り小さい。旧モデルのショーグン・スポーツに加えて、ショーグンも発売からかなりの年月が経っており、三菱としてはこのユーザーに買い替えを促したい思いもある。2000年から2007年に1万8500台の先代ショーグン・スポーツが販売されているが、まだ1万2000台が現役だと推定しているのだ。

2007年に一度絶たれたショーグン・スポーツだが、ショーグン(パジェロ)よりも高い洗練性と高級感を持たせた4×4という位置づけで、復活を目指している三菱。ただし洗練されたといっても、ショーグン・スポーツの基本骨格は、以前レポートもしている、ピックアップトラックのL200と共有している。比較的シンプルなラダーフレームにボディを乗せた構造は、古いイメージもつきまとうが、高い剛性と耐久性を与えることも可能であり、必ずしも悪いわけではないけれど。

また、この堅牢な設計は、三菱製SUVのオーナーにとっては非常に重要な要素でもある。三菱は、成長する大型SUV試乗も見込んで、英国では年間3000~3500台の販売を計画しているが、ライバルモデル以上に、ショーグン・スポーツが想定する顧客は特殊かもしれない。約90%ものオーナーが牽引フックを用いると想定しているからだ。最大で3.1tの牽引が可能としているが、この数字は主なライバルモデル、トヨタ・ランドクルーザーを辛うじて上回ってはいる。

搭載される2.4ℓの4気筒ターボディーゼルは、181psと43.7kg-mを発生し、新しい8速ATと組み合される。当面はハイブリッドやEVなどの計画はない。三菱の上層部は、充分な牽引力とオンロードとオフロード性能を持つ、定員7名というクルマには、ディーゼルエンジンが唯一、求められるパワーとトルクを供給できると主張している。

オンロードとオフロード、それぞれの仕上がりをチェックしてみよう。

どんな感じ?

大人も座れるサードシート

新しいショーグン・スポーツは、スペック的には同じながら、モデル・グレードは2種類での展開となる。ショーグン・スポーツ3は3万7775ポンド(559万円)から。18インチのアルミホイールに、全席レザーシート、LEDヘッドライト、デュアルゾーン・エアコン、バックカメラ、プライバシーガラス、オートライトとオートワイパーを装備。さらに、デジタルラジオとブルートゥース接続、アップル・カープレイとアンドロイド・オートに対応した、タッチスクリーン式のインフォテインメント・システムも装備される。

販売総数の2/3が占めると予想されている、上級のショーグン・スポーツ4は3万9775ポンド(588万円)から。上記の装備に加えて、フロント・シートヒーターに高音質ステレオ、アダプティブ・クルーズコントロールが備わる。

大胆なエクステリアデザインは、ひと目見ただけで三菱のニューモデル、エクリプスクロスとの関連性を想起させる。しかしその内面は、従来ながらの機能性を優先した作りとなっている。タイヤとホイールアーチとのクリアランスはかなり大きく、ピラーにマウントされた乗降用のハンドルも飾りではない。高い位置のボディへ乗り降りする場合は、実際に掴まなければ難しいだろう。

セカンド、サードシートは、レバー操作で前方に倒れ折りたたむことが可能だが、シートのボリュームが大きく、扱いにくい。また、折りたたむ操作自体も直感的に行えるものではない。

シートを倒せば1488ℓのラゲッジスペースが生まれるものの、床に格納したシートは完全にフラットにはならず、利便性はそれなり。狭いところでも1mほどの幅は確保できているが、リアホイールアーチが車内にも大きく張り出している。5シーター状態なら、ラゲッジスペースは502ℓ。7シーター状態にすると、ラゲッジスペースは131ℓにまで小さくなってしまう。荷室容量だけで見ると、5シーター状態でライバルとなるキア・ソレントやサンヨン・レクストンより100ℓ程も小さい。

そのかわり、多くのライバルが5+2程度の大きさに留まるのに対し、ショーグン・スポーツのサードシートは、よほど大柄なひとでない限り、普通に腰掛けられる大きさがある。膝前の空間にも余裕はあるものの、やや窮屈な姿勢にはなるから、長時間の移動が快適だとはいえないけれど。

また1列目以外のシートのレイアウト調整機能は、ライバルと比べて豊富ともいえず、2列目のシートバックがリクライニングできる程度。反面、電動となる運転席には、このような課題は見当たらない。比較的高いドライビングポジションは、優れた前方視界を確保し、かなりガタイの良いボディサイズながら、運転はしやすく感じる。ただし、ヘッドルームは不足がちではある。

詰めの甘さが残るオンロード性能

インテリアデザインに特徴はないが、必要なものが機能的にレイアウトされている。ライバルモデルと比較すると、ダッシュボードのボタンやスイッチ、プラスティックパーツの仕上げなど、質感では劣っていると思う。

インフォテインメント・システムは7インチのタッチスクリーン式で、グラフィックや操作性は標準的なもの。アップル・カープレイやアンドロイド・オートなどでスマートフォンとの接続も可能な反面、ナビゲーションシステムは備わらないから、地図アプリは重宝するだろう。

旧モデルのように四角張ったスタイリングではないが、郊外の狭い道路では、期待ほど思い通りに走れるサイズではない。また舗装されたワインディングでも、特に優れた機敏さを得ているわけでもない。その大柄なボディを助けるために、バックセンサーと360度カメラ、ブラインドスポット警告システムが、上級モデルの4には標準装備となる。

一般道では穏やかな加速状態でも、2.4ℓターボディーゼルは、ショーグン・スポーツを巡航スピードまで到達させるのに苦労している印象がある。燃費を稼ぐ目的もかねて、基本的には後輪駆動で走るのが良いだろう。

8速ATに変速を任せておくと、燃費優先で、できるだけ高いギアを使おうとする傾向が強く、滑らかな印象は得られない。その反面、ステアリングコラムから生えるシフトパドルを弾けば素早く変速してくれるから、高いギアを使おうとするATにオーバーライドするかたちで、テンポ良いドライビングも可能ではある。そして一度スピードに乗ってしまえば、風切り音は明らかに大きいが、わずかなスロットル操作で高速道路の巡航は可能だ。

三菱によれば、シャシーを共有するL200ピックアップトラックからの改善点として、ボディマウントやダンパーをより快適性を重視したものに変え、防音材も追加したとしている。加えてリアサスペンションの剛性を上げて、乗り心地やハンドリングも向上させている。

基本的に乗り心地は柔軟に設定され、重心が高いプロポーションから想像するほどボディーロールやフワついた感覚はなく、コーナーでのボディの動きも良くコントロールされている。しかし、路面が荒れてくると、詰めの甘さが露呈してしまう。そもそも、ショーグン・スポーツのオーナーが住んでいるであろう、英国の地方道にみられるツギハギや剥がれた舗装路面自体が問題なのだけれど。ちなみにオンロードでのテスト車には、ブリヂストン製のタイヤ、デューラーを履いていた。

オフロード性能ではライバルより勝る

一方で、本格的なオフロード性能を満たす内容を、ショーグン・スポーツは身につけている。グラベル、マッド/スノー、サンド、ロックの、4種類のドライビングモードを備えた、新しいテレインコントロール・システムを搭載。トラクションコントロールや、スロットルレスポンス、変速パターンなどの設定が変化し、路面に合わせて最適なグリップが得られるようにしている。

さらに、ほかの三菱車にも採用されている、スーパーセレクトII 4輪駆動システムも装備。シフトノブの手前側に位置するロータリータイプのコントローラーを用いて、後輪駆動か、フルタイム4輪駆動かを選択が可能で、走行中でも100km/hまでなら切り替えることができる。このシステムには、センターデフをロックし、4輪へ均等に駆動力を分配させるモードも付いているほか、副変速機によりギア比をさらに落とし、トルクを高めた走行が可能なローレンジモード(4LLc)も備わる。加えてリアデフをロックさせるボタンも付いている。

使用されていない採石場を間借りして、BFグッドリッチ製のオールテレインタイヤを履いたショーグン・スポーツのオフロード性能を確かめてみる。ヒルディセント・コントロールは効果的で、急勾配においても安定的に低速を保持。グリップが制限される深い池やゴツゴツした岩場などでも、デフロック機能が走行をバックアップする。

ロードクリアランスは218mmで、アプローチアングルが30度、デパーチャーアングルは24.4度が確保されている。渡河性能も評価に値する700mmまでの水深に対応。過酷な状況においては、ライバルモデルよりいずれも優位な性能を確保しているといえる。

ショーグン・スポーツが備えるオフロード性能は、三菱が想定するターゲット層に限らず、英国の道を毎冬麻痺させてしまう吹雪にも負けないクルマとして、多くのひとにとって有用なものだということは、想像に難くない。

「買い」か?

メジャーになるには難しい

三菱は、英国でのショーグン・スポーツのマーケットを小規模ながら明確に設定している。牽引力や大きな荷物の運搬を求めるひとにとって、この新しい4輪駆動モデルは間違いなく歓迎されるクルマだといえる。定常的に大人6名の定員を必要としているひとや、仮に世界大戦が起きても、耐え抜けるようなクルマを求めているひとにも、適していると思う。

ただし、特定のひとにとっては信頼が置ける仕事の相棒になりえる一方で、ライバルと比較すると、劣っている部分も少なくない。例えば、C02排出量は227g/kmとなっているが、キア・ソレント2.2の上位モデルは170g/kmだし、同程度の出力を持つランドローバー・ディスカバリー・スポーツTD4は177g/kmと、かなり劣勢。これはすなわち燃費で劣ることを意味しているから、ランニングコストも高く付いてしまう。

さらに、7シーターのライバルモデルが備える車内空間の広さや、先進的な技術、オンロードでのマナーなど、より広い視点でみると、やはり説得力では劣ってくる。

ショーグン・スポーツを英国の道で目にする機会はあっても、メジャーな存在になるのは難しいだろう。

三菱ショーグン・スポーツ4のスペック

■価格 3万9775 ポンド(588万円)
■全長×全幅×全高 4785×1815×1805mm
■最高速度 180km/h
■0-100km/h加速 11.0秒
■燃費 11.6km/ℓ
■CO2排出量 227g/km
■乾燥重量 2105kg
■パワートレイン 直列4気筒2442ccターボ
■使用燃料 軽油
■最高出力 181ps/3500rpm
■最大トルク 43.7kg-m/2500rpm
■ギアボックス 8速オートマティック

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN マット・バート)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します