現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ロールス・ロイス、小型SUVの存在否定 「あえて作らぬ」戦略とは

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.1

ロールス・ロイス、小型SUVの存在否定 「あえて作らぬ」戦略とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー カリナンより小さいSUV否定 地位の維持優先
ー ロールス、競合するラゴンダをどう思っている?

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

カリナンより小さいSUV否定 地位の維持優先

ロールス・ロイスのトルステン・ミュラー社長は、SUVモデルのカリナンが登場したことで、同社のラインナップは完成したという。

ロールス・ロイス初のオフローダー、カリナンは、ファントム、ゴースト、レイス、ドーンに続く5番目のモデルだ。しかし、他のブランドがSUVラインナップを拡大する中、「超富裕層」の顧客にはこれ以上の需要はないとトルステン・ミュラー社長はいう。

ロールス・ロイスがカリナンより小型のSUVをラインナップに加えることはあるかと尋ねたところ、ミュラーは次のように答えた。

「いいえ、それはありません。時代の流れに従うことは必要ですから、『決して』という言葉は使えません。しかし今のところ、これ以上ラインナップを拡大する計画はありません」

「われわれの戦略はハイエンドの地位を保ち続けることであり、販売台数の増加を狙って、低価格帯へと進出していくことはありません」

ロールス、競合するラゴンダをどう思っている?

ミュラーによれば、カリナンの初期販売実績は予想を上回るものだった。

ロールス・ロイスは、公式発表に先んじて一部のカスタマーにカリナンを公開し、「非常に素晴らしい」リアクションを得たという。

カリナンは、ウルトラ・ラグジュアリーSUVセグメントに属し、アストンマーティンが復活させたラゴンダブランドと競合する。

新生ラゴンダのファースト・モデルは、現在コンセプト・スケッチが発表されているSUVモデルで、2021年に登場予定だ。

このモデルについて、ミュラーは次のように語った。「これはあくまでスケッチです。それ以上のことは何も言えません、一方で、カリナンは現実に登場したモデルなのです」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します