現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【新型マツダ・CX-3試乗】静粛性向上のため約2kg増となる対策から得られた効果とは?

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.1

【新型マツダ・CX-3試乗】静粛性向上のため約2kg増となる対策から得られた効果とは?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダ・CX-3が大幅な商品改良を受けました。2015年2月に登場して以来、3年3か月で今回が4回目の改良になります。イヤーチェンジ以上の頻度ですから、輸入車も含めて例のない改良の積み重ねとなっています。

走りの面では、1.5Lディーゼルエンジンを1.8Lに排気量を拡大し、2.0Lガソリンエンジンも2ps/3Nmアップするなど、最新版にアップデート。

    【新型マツダ・CX-3試乗】ビッグマイナーチェンジの狙いは、乗り心地と操縦安定性の両立

ここでは、CX-3の大幅改良のポイントである静粛性の向上、乗り心地の改善などについてご報告します。

静粛性向上を実現すべく盛り込まれたのは、アウタードアパネルの板厚アップ、ドアシーミングウェルトにスポンジの追加、リヤドアガラスの板厚アップ、天井部のヘッドライナー板厚アップなど。

例えば、ヘッドライナーを6mmから8.6mmに厚くすることで、吸音力が約13%アップしたそう。

実際に街中や首都高速などで走ると、タイヤ由来のロードノイズやパターンノイズが抑えられていて、エンジンの透過音や風切り音なども抑制され、改良前モデルと乗り比べると、その差は明らか。音の大きさだけでなく、音の時間変化や到来方向をコントロールするというコンセプトを掲げて静粛性向上が図られたCX-3。静粛性向上という目標達成により、車格が1段上がった印象を受けます。

上記のメニューにより、約2kgの重量増になっているそうですが、それでも静かな車内を実現するという目標を実現すべく、こうしたメニューが盛り込まれています。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar 塚田勝弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します