現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型クラウンの足元を支える18インチOEタイヤにブリヂストン「REGNO(レグノ)」を選定

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.1

新型クラウンの足元を支える18インチOEタイヤにブリヂストン「REGNO(レグノ)」を選定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月26日に発売された15代目の新型クラウン。 ブリヂストンは、同車の18インチ新車装着用タイヤ(225/45R18 91W)として「REGNO(レグノ)」を納入すると発表しました。

同時に発表された新型センチュリーと同様に、今回クラウンに装着される「レグノ GR001」は、新型クラウンのキーワードである「意のままのコントロール性能」を実現するためにトレッドコンパウンドなどを専用開発。

    ブリヂストンを代表する高級タイヤの「REGNO(レグノ)」が新型センチュリーに新車装着用タイヤとして採用

新型クラウンは、ドライバーの目線がぶれないフラットライドを目指し開発されていて、主要サイズとなる18インチの走りをブリヂストン・レグノGR001が支えています。

同車の優れた操縦安定性や高い静粛性、上質な乗り心地の実現に貢献しています。「レグノ」は、最大の特徴である静粛性や乗り心地をはじめ、直進安定性能、ドライやウェット性能など、タイヤに求められる多くの性能を高次元で両立したとしています。

(塚田勝弘)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar 塚田勝弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • oku*****|2018/07/01 06:43

    違反報告

    レグノ、クラウンロイヤルに使っているけど・・・ 硬いタイヤで期待外れだった。
    アスリートに使っている人は満足なんじゃないかな。
    新クラウンには合いそうだね。
  • bay*****|2018/07/01 07:47

    違反報告

    所詮ブリジストンだよね。
    欧州スーパーカーもそうだけど、一時期ブリジストンOPで使ってた所も今は使わなくなった。
    韓国人が韓国製のタイヤを世界一だとベタ褒めしてるけど、日本人はしっかりと見極める目を持って欲しいね。
  • cha*****|2018/07/01 10:36

    違反報告

    ランフラットタイヤを装着していない事で、クラウンが世界基準の安全性を考えていない事がわかる。
    (海外展開しているスカイラインの方が意識が高い)

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します