現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【新車】ジープ・コンパスに衝突被害軽減ブレーキを含む安全装備充実の特別仕様車「セーフティエディション」を追加

ここから本文です
ニューモデル 2018.6.30

【新車】ジープ・コンパスに衝突被害軽減ブレーキを含む安全装備充実の特別仕様車「セーフティエディション」を追加

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年に2代目にスイッチしたジープ・コンパス。新型は最新のジープ・フェイスに変更され、遠くからも目を惹くスタイリッシュな外観デザインが与えられています。フラッグシップモデル「グランドチェロキー」を彷彿とさせる雰囲気が漂います。

7月7日から発売される「ジープ・コンパス・ロンジチュード」の特別仕様車「セーフティエディション」は、その名のとおり、スポーティな外観や充実した装備で人気のLongitude(ロンジチュード)がベース。最上級グレードLimited(リミテッド)に採用されているすべての先進安全機能を装備したモデル。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

ベースのロンジチュードは、ルーフをブラックペイントとした2トーンカラーによる個性的な外観が特徴です。また「Apple CarPlay」や「Android Auto」に対応する第4世代の「Uconnect」には、8.4インチオーディオナビゲーションシステムや地上デジタルテレビチューナーが搭載され、スマホ連携によりメールの送受信や通話、音声ナビゲーションなどが可能。

特別仕様車のコンパス・セーフティエディションには、ベース車の装備に加えて、緊急ブレーキを作動する「クラッシュミティゲーション付前面衝突警報」、高速道路の車線変更時や駐車場からの出庫時に安全運転をサポートする「ブラインドスポットモニター/リヤクロスパスディテクション」を用意。

さらに、車庫入れ時の安全確認をサポートする「ParkSense(パークセンス)」 フロントとリヤパークアシスト、および「Parkview(パークビュー)リヤックアップカメラが装備されています。ほかにも、駐車時にステアリング操作をアシストするParkSenseによる縦列/並列パークアシストなどの機能も搭載。

「コンパス・セーフティエディション」は、上記のように安全機能が大幅に充実しているにもかかわらず、価格はベース車に比べ180,000円高の3,690,000円に抑えられたお得な仕様になっています。

(塚田勝弘)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar 塚田勝弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します