現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > デンソー、どんな所? 工場見学ツアー、高棚製作所に新設 写真50枚

ここから本文です
ニューモデル 2018.6.30

デンソー、どんな所? 工場見学ツアー、高棚製作所に新設 写真50枚

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

写真50枚で見る一般見学ツアー 7/23~

クルマの電装パーツなどを生産する「デンソー」が、この夏休みから工場見学ツアーを開始する。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

7月23日から開始予定となる「TAKATANAファクトリーツアー」と名付けられた工場見学ツアーは、愛知県安城市内に位置するデンソー高棚製作所で行われるもの。これまでも、関係者などに向けた工場見学は行われていたが、デンソーとしては初の一般公開の工場見学ツアーになるという。

「自動車部品の歴史と、最新の日本のモノづくりを、多くの方々に近くでみていただきたいという想いからオープン」したというこの工場見学ツアー。まず見学者はエントランスロビーにあるクルマのインパネを模った巨大オブジェに出迎えられ、大型の3面スクリーンのオリエンテーションシアターで映像を見た後に、解説スタッフとともにツアー専用のラッピング・バスに乗り込み工場に向かう。

見学の現場となる501ファクトリーは実際にメーターなどが生産されている工場となっており、ホコリなどは厳禁ということで室内履きに履き替えていざ工場内に。新設された見学コースは、階段を昇った工場上部にあるツアー用の通路を進むことになる、

工場が見渡せるこの通路には、メーターの歴史やメーター製作の工程などがイラストキャラクターや実物の展示で紹介されている。年代毎に並べられた展示品にはかなり懐かしいものなどもあり、お子さん以上にお父さん世代が喜びそうな内容となっている。さらに通路を進むと、組み立てラインの間近に設置されたカメラの映像により、作業しているスタッフの手元なども見ることができるライブビジョンも用意。通路の一番奥にあるプレゼンテーションルームでは、メーターができるまでをモニターで学べるコーナー、運転サポート機能用装置、ヘディングアップディスプレイなどの安全技術を体験できるコーナーも。さらにツアーの最後には、お土産も用意されているという。



TAKATANAファクトリーツアー概要

デンソーでは、この工場見学ツアーの開始に伴い6月27日に、「TAKATANAファクトリーツアー」の開所式を開催。デンソー常務役員・専務役員、愛知県安城市市長神谷氏、安城市高棚小学校の5年生2名などが参加し、巨大メーターオブジェのアンヴェール、テープカットなどが行われた後、高棚小学校の生徒が訪れ工場見学ツアーの先行体験を行った。

デンソーTAKATANAファクトリーツアー

開始日:2018年7月23日~
インターネット予約受付開始:2018年7月4日

開催日:月~金(祝日含む)
・ゴールデンウィーク、夏季連休、年末年始は休館

開始時間:9時30分~ / 10時~ / 13時30分~ / 14時~
・個人申し込みの場合。団体受付は開始時間が異なる。

所要時間:約90分

見学対象者:小学生以上
・小学生の参加には成人の方の同伴が必要。
・安全上の理由から、未就学児の参加は保護者同伴でも不可。

個人申し込みの催行人数:1名~20名様

高棚製作所所在地:愛知県安城市高棚町新道1

なお、AUTOCAR JAPAN上でご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『デンソーって、どんな所? 工場見学ツアー』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します