現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 短評 マクラーレン・セナ サーキットの印象、扱いやすさが衝撃

ここから本文です
ニューモデル 2018.6.29

短評 マクラーレン・セナ サーキットの印象、扱いやすさが衝撃

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー ル・マン・カーに匹敵
ー 公道も走れるレースカー

    マクラーレン・セナ 仕様選びを体験 最高額のオプションは? デザイナーおすすめの色も

ル・マン・カーに匹敵

わたしは、今週末をリスボンから1時間ほど西に移動したエストリル・サーキットで過ごした。試乗したのはマクラーレン・セナ。800ps、75万ポンド(1億900万円)のサーキット志向の限定モデルである。とはいえ、公道の走行も可能だ。

しかし、今回は公道での試乗はなかった。マクラーレンオーナーがサーキットを好みがちであることを考えると、サーキットのみの試乗でも良いのかもしれない。サーキットに主眼が置かれたセナはとてつもないパワーを発揮するため、公道での運転には全力で集中することが求められるし、それについて不満を言うべきではない。

もちろんそうは言っても、一般の高速道路へ連れ出すような機会があれば、どのような印象を得られるのかには非常に興味がある。今までのところ公道での試乗はなされていないので、この最終段階は、セナにとって重要な試金石となるだろう。

実を言えば、エストリルでのテスト前から、わたしは早く運転したいという強い衝動に駆られていた。このマクラーレンの新しいモデルを運転すると、間違いなくル・マン・カーにかなり近いようなポテンシャルを持っていると感じる。そして、まるで自分がル・マンのドライバーにでもなったかのように感じるのだ。

幸運なことに、マクラーレンは親切にも、一般のドライバーにも並外れたクルマの価値が伝わるように、ドライビングコーチやル・マンの優勝経験を持つダニー・ワットと同乗時間を用意していた。

結果、自分ひとりでは届かなかった限界にまで達することができ、ストレートでは275km/hまで出すことができたし、限界ギリギリのコーナリングをして、ミスを連発するようなこともなかった。

公道も走れるレースカー

試乗が始まる前には、720Sで数ラップ走る時間が設けられた。これも、より速く、軽く、俊敏なセナに乗るために必要なのだ。

720Sをけなしたいわけではないが、セナを見ると、レーサーでないひとにも視覚的に、GTレーサーレベルのダウンフォースがもたらすスタビリティやコーナリング・グリップの効果が伝わってくる(241km/hで800kgを発生する)。

反対に、走っている速度を考慮すれば、快適性(静寂性やなめらかさ、ていねいにチューニングされたサウンド)の面で、いかに720Sが洗練されているのかがわかる。

わたしは心から、マクラーレンの技術者の誠実なアプローチを賞賛したい。他の会社なら、多くの台数が売れるロードカーと、その3倍の価格で販売される公道も走行可能な軽量レーシングカーを、こんなにも差をつけて作り分けることなどしようとしないだろう。

だがマクラーレンは、このようなクルマを購入する聡明なドライバーなら相応のインテリジェンスを持ち合わせていると信用しているのである。

運転してみると、ハンドルがかなりクイックではあるものの、セナは運転しやすいクルマだとわかった。パワフルで素晴らしく進歩的なブレーキ、ほとんど即座に操作できるパドルシフト、パワフルだが精密な中間帯でのレスポンス、シートベルトをしていなかったらシートから放り出されそうなほどのグリップ、控えめにしつけられたサーキット向けのESP(低速コーナーではスライドも許容する)。どれを取っても素晴らしい。

全てが最高の体験だった。しかし、わたしにとっての大きな驚きは、もしわたしが富裕層であったとして、これほどクレバーに注意深く開発されたクルマなら、わたしが運転してもかなりのパフォーマンスが発揮できるのではないかと思ったことだ。

きっとあなたも、乗ればそう感じるはずだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します