現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アルファ4Cクーペ、存続の危機 スパイダーは安泰 8C/GTVにも期待

ここから本文です
ニューモデル 2018.6.29

アルファ4Cクーペ、存続の危機 スパイダーは安泰 8C/GTVにも期待

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 4Cクーペ、存続の危機
ー 4Cスパイダー、洗練へ
ー 8C/GTVに期待できる

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

4Cクーペ、存続の危機

アルファ・ロメオ4Cスパイダーが2019年まで販売され続ける一方で、4Cクーペは存続が危うい。

FCAのセルジオ・マルキオンネCEOはAUTOCARに対し「欧州とヨーロッパ以外の地域における型式認証において、いくつかの技術的な制約があるのです」と認めている。

仮に4Cの生産を中止すると、アルファ・ロメオのクーペ登場は2022年のGTV復活まで待つ必要がある。

いっぽう4Cスパイダーは、ことし終盤にフェイスリフトが予定されている。欧州では2019年初頭に販売開始するとみられる。4Cスパイダーがどのように変わるか、次項で見ていこう。

4Cスパイダー、洗練へ

アルファ・ロメオとマセラティのエンジニアリング部門を率いるロベルト・フェデリは、フェイスリフト版の4Cは洗練性に磨きをかけるという。

具体的にはサスペンションとステアリングが見直される。加えて新しいエンジンの採用も否定していない。

8C/GTVに期待できる

4Cクーペが属するカテゴリーは、ビジネスが難しいと言われている。特にヨーロッパでは安定した売れ行きを維持することは簡単でなく、同マーケットを率いるアウディTTでさえ1~5月の間に5520台しか売れていない。

アルファ・ロメオは8CとGTVの復活を示唆しており、「スポーツカーメーカー」としての矜持を顧客にアピールしたいと考えている。

4Cクーペの「戦線離脱」は残念であるものの、他モデルの復活を考えると期待は持てそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します