現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 完全電動化の噂も。VWの次世代トランスポーター「T7」を初捕捉

ここから本文です
ニューモデル 2018.6.29

完全電動化の噂も。VWの次世代トランスポーター「T7」を初捕捉

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォルクスワーゲンのLCV(Light Comercial Vehicle)「T6」の後継モデルとなる、次世代トランスポーター「T7」開発車両を初めてカメラが捉えました。

「LCV」は、日本で「ワーゲンバス」の愛称で有名な「T1」から起源しています。「T1」以降、1967年には「T2」、1979年に「T3」、1990年に「T4」、2003年には「T5」と進化を続けています。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

情報によると「T7」はMQBプラットフォームにより大刷新されるようです。新型では、顕著なフロントグリル、VW最新世代のLEDヘッドライト、スタイリッシュなリアエンドなどが予想されます。またキャビンにはデジタルコックピットの搭載も期待されています。

捉えたプロトタイプは「T5」のテストミュールのため、デザインの詳細は全く不明です。しかし、米アップルと共同開発していると噂される自立運転バンとは別モデルと思われます。

新型では多数のボディバージョンと幅広いエンジンも魅力。2リットル直列4気筒ターボディーゼルを始め、ガソリンエンジン、ハイブリッド、そしてEVの設定も噂されているようです。

「T7」のワールドプレミアは2020年と予想されています。

(APOLLO)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar APOLLO)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します