現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW 2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー 改良新型を発売 374万円より

ここから本文です
ニューモデル 2018.6.28

BMW 2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー 改良新型を発売 374万円より

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、デザインを刷新した『2シリーズ・アクティブツアラー』(BMW 2 Series Active Tourer)と『2シリーズ・グランツアラー』(BMW 2 Series Gran Tourer)改良新型モデルを6月28日より発売した。

両モデルは2014年、BMWブランド初のFF車、マルチパーパスビークル(MPV)として登場。アクティブツアラーは2列シートの5人乗り、グランツアラーは3列シートの7人乗りで、いずれもスポーティな走行性能と広い室内空間、快適性・安全性を備え、高い支持を得ている。

    BMW、新型8シリーズクーペ初披露。ル・マンからの撮り降ろしで細部も紹介

今回のモデルチェンジでは、フロントマスクを刷新。大型化した新デザインのキドニーグリルと、ヘキサゴナルデザインが印象的なLEDヘッドライトを採用することで、よりダイナミックなデザインとした。フロントバンパーは大型エアインテークを左右に配した新デザインを採用することで、ワイドな印象を強調。リアバンパーも大型化した新デザインを採用し、90mm径に拡大したエキゾーストテールパイプとともに、スポーティさと存在感が増したモデルとなっている。

インテリアは、上質なデザインと広い空間を維持しながら、フロントシートの座面を拡大することで座り心地を向上させた。装備面では、先代モデルに引き続き、レーンディパーチャーウォーニング(車線逸脱警告システム)や、衝突回避・被害軽減ブレーキを含むドライビングアシストを全車標準装備とし、ドライバーの安全走行をサポート。また、「218iアクティブ/グランツアラー」には7速DCTを新たに採用することで、スポーティな走りと高い燃費性能を実現させている。

今回のモデルチェンジではMスポーツのデザインも一新した。新デザインのフロントバンパーには、ハイグロスブラックのアクセントが施された大型サイドエアインテークを採用し、Mスポーツの力強さを強調。リアバンパーもダークシャドーのアクセントパーツが追加され、よりモダンな印象となっている。

価格はアクティブツアラーが374万円から556万円、グランツアラーが410万円から515万円。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します