現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アウディQ8 50TDIに試乗 英仕様3ℓディーゼル+マイルドハイブリッドから

ここから本文です
ニューモデル 2018.6.28

アウディQ8 50TDIに試乗 英仕様3ℓディーゼル+マイルドハイブリッドから

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

どんなクルマ?
ー BMW X6へのアウディ流の回答
ー 製造はウルスと同じ工場で
どんな感じ?
ー いつもとは少し異なるデザイン言語
ー アウディならではの上質な車内
ー ラグジュアリーなドライビングフィール
「買い」か?
ー もう一味が足りない
スペック
ー アウディQ8 50TDIクワトロSラインのスペック

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

どんなクルマ?

BMW X6へのアウディ流の回答

Q8は、BMWがクーペスタイルのSUV、X6をリリースしてから、およそ10年の思考時間を経て示されるアウディ流の回答だ。読者の中には好まないひともいるだろうが、ドイツ製のスポーツ・アクティビティ・クーペの人気はまだ健在。2008年当時を振り返ると、X5よりも実用性の面で若干劣るプレミアムSUVがどれほどの売れるのか、疑問を持つひとも少なくなかった。ただ、賛否あるとは思うが、当時はスタイリングも良いと思ったし、運転も楽しいクルマだとは感じたけれど。

実際は、われわれの予想に反して、かなりの数が売れることになった。なにしろ最初の10年で、BMWは世界的に50万台ものX6を販売している。

Q8は、比較的コンベンショナルなSUVをベースにしていたX6と比較すると、少し別の特徴を備えているといえる。Q7よりもスタイリングはシャープで、実用性の面ではやや劣るものの運転は楽しめそうだ。21世紀になって20年が経とうとする中、アウディのフラッグシップモデルにもなるQ8。拡大するロシアマネーの受け皿としても、アウディの「Q」シリーズは成長を続けている側面もある。

このQ8はフォルクスワーゲン・グループでは6代目のラグジュアリーSUVで、3年目を迎える縦置きエンジンに対応するMLBエボ・プラットフォームがベース。アウディQ7やポルシェ・カイエン、フォルクスワーゲン・トゥアレグなどと同様に、スロヴァキアの首都、ブラチスラヴァで製造される。ホイールベースと車内長はQ7と共有する。

しかし、Q8からは、Q7ほどの衝撃を受けることはあるのだろうか。BMWと同様のチャンスを得られるだろうか。

製造はウルスと同じ工場で

エクステリアの雰囲気は、どこかランボルギーニ・ウルスと似通っているように思えるが、それは気のせいではない。そもそもアウディQ8の計画は、ランボルギーニがウルスを生み出そうとする前からスタートしていた。ブラチスラヴァの生産ラインにはいくらかの余裕があり、ランボルギーニはアウディと同じインフラを利用して、あの豪華なSUVを製造することになった背景がある。

Q8は今年の夏に英国でリリースされるが、少なくとも来年までは、エンジンのラインナップはひとつに絞られる。286psを発生させる3ℓのV6ディーゼルエンジンで、50TDIのワンモデルとなるだろう。このクルマには高効率な48Vシステムに、大容量のリチウムイオン・バッテリーと強力なスターター・ジェネレーターを搭載。マイルド・ハイブリッド化されている。

このパワートレインの組み合わせを見る限り、レンジローバー・スポーツやBMW X5、X6などのハイパフォーマンス・モデルを指向するユーザーをターゲットにしたものではないだろう。一方で、339psを発生させる3ℓのV6ガソリン・ターボエンジンを搭載した55TFSIが来年には登場するだろうから、こちらはパフォーマンス性能で競うことになりそうだ。

先日、Q8のハイパフォーマンス版のスパイショットも紹介しているから、記憶にあるひともいると思う。

英国向けのクルマは、すべてに車高調整機能が付いたスポーツ・アダプティブ・エアサスペンションと、センターデフ式による、本格的なトルクベクタリング機能の付いた4輪駆動システム、クワトロを搭載する。希望すれば、4輪操舵システムも選べる。

Q7に見られる、48V電圧によるアクティブ・アンチロールバーが備わらない点について、アウディのプロダクトマネージャーに問い合わせたところ、Q8は全高が低くトレッドも広いため、不要だと判断したとのこと。ただし、このロール制御システムは、今後登場するであろう、RSバージョンには必要になるかもしれない。

予習はこのくらいにして、走り出してみよう。

どんな感じ?

いつもとは少し異なるデザイン言語

Q8のプレス発表会は、今月の初めに南米チリで開かれた。われわれにはVRのヘッドセットが配られ、3Dによる仮想現実映像を用いて、Q8のデザインと姉妹モデルのQ7のデザインとの差別化に関して、かなりの時間をとって説明を受けた。

Q7と比較し、かなり低められたルーフラインとボンネットライン、ワイド化され際立たされたシングルフレーム・グリル、強調されたホイールアーチやフェンダーのライン、短くなったオーバーハングや、傾斜がきつくなったリアウインドウなど、チーフ・エクステリア・デザイナーのフランク・ランバーティが解説してくれた。どれも良さそうな内容だ。

しかし実際にQ8を目のあたりにすると、ほかのモデルが持つ、アウディ流のデザイン言語とは違ったものを感じるだろう。どこか見慣れた、別のメーカーのSUVでも見ているかのようだ。

エクステリアは良くまとまっており、フレームレスドアを持つ、素敵なデザインだと思う。しかし、これ見よがしな8角形のグリルが付いてはいるものの、アウディTTやA5クーペとは異なり、Q8のデザインにはどこか勢いが感じられない。わたしとしては、Q2の方がカッコ良く感じられてしまう。

また、Q8はポルシェ・カイエン・ターボやレンジローバー・スポーツSVRなど、筋肉増強剤を打たれたムキムキなパフォーマンスを披露するクルマとも異なる。

それでも多くのひとが欲しいと思うであろう、極めて上質で快適、ラグジュアリーな最上級SUVではある。

アウディならではの上質な車内

スタイリングを重視したライバルのSUVとは異なり、Q8の後部座席には、背の高い大人にとっても充分な空間が確保されている。といっても、傾斜したルーフラインは頭上に近く、サイドウインドウも閉鎖的だから、決して広々というわけではない。もし10代後半の背の高い子供や、大人を乗せる機会が多いなら、天井高が食われるパノラミック・サンルーフは選ばないほうが良いだろう。ただ、車内空間を理由に購入候補から外してしまうもの、もったいないと思う。

もし3列シートの必要性がないのなら、Q8を購入しても、大型SUVとして期待に沿わなかった、ということはないだろう。2列目シートには、必要なら大人3人が座ることもできるし、ラゲッジスペースも大きい。

運転席からの眺めで、Q8とQ7との一番の違いは、Q8装備されているMMIタッチスクリーン・インフォテインメントシステムの有無。同じシステムは、現行のA8やA7、新しいA6にも搭載されている。

ダッシュボード中央にワイドモニターが2面も付いていると、操作のために、運転の集中が削がれる心配もあると思う。しかし、アウディは両モニターに有効なショートカットキーを設けており、杞憂だといえるだろう。基本的に、表示されている画面からほぼ必要な操作が可能になっており、必要ならば、よく使う項目をホーム画面に登録することもできるのだ。

さらにドライバーの正面、インストゥルメントパネル内には、フルモニター化されたアウディ・バーチャルコクピットが広がる。そして、これまでアウディが最新の大型モデルでも表現してきた、上級な素材がふんだんに用いられた車内に、心が満たされる。

これほど緻密に仕上げられた、美麗で高級感の漂うダッシュボードに、不満を漏らすひとはいないはず。特に、艶の深いピアノブラック仕上げのトリムパネルは、いかにもアウディっぽい。

ラグジュアリーなドライビングフィール

走り出せば、Q8はほとんどの場面でスムーズかつ快適。Q7と同様に運転も安楽で、ドライビングモードがコンフォートなら、路面からの振動もよほどひどい状況でない限り、柔らかく遮断してくれる。

エンジンも驚くほどの洗練性を備えており、車内の遮音性も極めて高い。フレームレス・ウインドウによるノイズの侵入も感知できないレベル。心地よく快適な、クルーザーの典型例とでもいえそうだ。

しかし、このドライビングモードでは、わたしは積極的に運転をしたいと思わないことも事実。Q7とは異なり、Q8に求められているミッションは、優れたハンドリングを身につけた、大型のアウディ車らしいドライバビリティを提供することなはず。エキサイティングな走りを、サラリとこなしてくれるべきなのだと思うが、試乗したQ8は、それよりもむしろラグジュアリーな快適さの方に重きが置かれている印象がある。

ただし、ダイナミックモードにすれば、ステアリングは適度な重さに変化し、サスペンションも適度に締め上げられる。テスト車に装備されていた4輪操舵システムも、クルマのハンドリングをより活発なものにしてくれている。

進行方向を鋭く変え、カイエンほどではないにしろ、アウディとして期待するのに充分なグリップレベルと、中速コーナーでの優れた安定性を獲得していると思う。

「買い」か?

もう一味が足りない

もし大型の高級車を探していて、アウディのSUVが気になるなら、買いかもしれない。しかし現時点では、わたしは強くオススメはできない。

すでにQ8には、この286ps以上、さらには339ps以上の出力を持つモデルが控えている。その魅力的なパフォーマンスを叶えるエンジンがラインナップに揃うまでは、ハイエンドSUVとしての真価を示すことはできないのではないだろうか。恐らく、Q8に期待するであろうドライビング面での満足感は、今回のテスト車両からは充分には得られないと思う。

品質の面では、すでに現時点でも評価に値する仕上がりを得ている。だからこそ、Q8のベストは、これから登場するモデルにあるはず。「7」ではなく「8」として、夢を描くような描くようなフラッグシップSUVとしては、もう一味が足りない、と感じてしまった。

アウディQ8 50TDIクワトロSラインのスペック

■価格 6万5000ポンド(962万円・予想)
■全長×全幅×全高 4990×2000mm×1710mm
■最高速度 231km/h
■0-100km/h加速 6.3秒
■燃費 –
■CO2排出量 –
■乾燥重量 2145kg
■パワートレイン V型6気筒2967ccターボ+マイルドハイブリッド
■使用燃料 軽油
■最高出力 286ps/3500-4000rpm
■最大トルク 60.9kg-m/2250-3250rpm
■ギアボックス 8速AT

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN マット・ソーンダース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します