現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フォルクスワーゲン 固体電池の生産開始 2025年から

ここから本文です
ニューモデル 2018.6.27

フォルクスワーゲン 固体電池の生産開始 2025年から

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 航続距離が2倍以上に
ー 今後4年以内に複数のEV車を発売

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

航続距離が2倍以上に

フォルクスワーゲンは、2025年までに固体電池の生産設備を整えると発表した。これにともない、フォルクスワーゲングループはカリフォルニアにあるバッテリー技術会社のクアンタムスケープに7500万ポンド(109億円)の投資を行うようだ。

フォルクスワーゲンによれば、固体電池技術により現在のリチウムイオンバッテリーと比べ航続距離が2倍以上になるとのことだ。現行e-ゴルフの300kmが750km程度になるといわれている。

昨年、BMWはソリッド・パワーという固体電池会社への投資をおこなった。BMWもフォルクスワーゲンと同様の2025年という目標を設定している。

クアンタムスケープのジャグディー・シンCEOはいう。「フォルクスワーゲンは世界最大の自動車メーカーであり、電動化において業界をリードしています。われわれはクアンタムスケープの固体電池技術による長航続距離、急速充電、そして安全性が次世代パワートレインの鍵となると考えています」

今後4年以内に複数のEV車を発売

フォルクスワーゲングループの研究開発を指揮するアクセル・ハインリッチはこう述べた。「固体電池は電動モビリティのターニングポイントとなるでしょう。クアンタムスケープへの投資を増やし、ジョイントベンチャーを設立することによりわれわれの協力体制はますます強化されます」

フォルクスワーゲンが固体電池実用化について具体的な目標を設定するのはこれが初めてだ。一方、ID、IDクロス、IDバズなどのEV車が4年以内に発売予定である。これらの最初のモデルとなるハッチバックのIDは2019年11月に生産開始予定だ。

BMWグループ、ダイソン、フィスカー、ポルシェ、トヨタなども固体電池の生産計画を持っている。この新技術により、急速充電、容量、エネルギー密度などの面でEVに革新が起きると考えられている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します