現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アストンDBSスーパーレジェーラ デザイナーに4の質問 開発意図は

ここから本文です
ニューモデル 2018.6.27

アストンDBSスーパーレジェーラ デザイナーに4の質問 開発意図は

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q&A マイルス・ニュルンベルガー(外装デザインチーフ)

アストンのラインナップ中の立ち位置は?

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

「パフォーマンス重視のGTですが、快適性も忘れていません」

それぞれのアストン マーティン車をどう差別化する?

「グリルやライトの造形を変えています。DB3やDB4などのクルマも振り返りました。レトロなデザインにするつもりはありませんが、そのスピリットは参考になります」

DBSスーパーレジェーラの開発意図は?

「わたしの仕事は、3Dの造形を生み出すことです。これはアストン マーティン独自のストーリーに則ったものでなければなりません。『羊の皮を被った狼』を目指すのです。筋肉質なボンネットの下には凄まじいパワーを秘めているのですから」

1960年代の初代DBSスーパーレジェーラの要素は?

「スタイルというよりも、そのスピリットを取り入れました。われわれにとってその名称は特別なものです。ロマンチックでありたいとは思いますが、レトロにしてはなりません」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します