現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型 クラウン モデリスタRSボディver. 高まる風格、その存在感に惹き寄せられる

ここから本文です
ニューモデル 2018.6.27

新型 クラウン モデリスタRSボディver. 高まる風格、その存在感に惹き寄せられる

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月26日(火)に発表され、多くの注目を集めているトヨタのプレミアムセダンである15代目『クラウン』。「マジェスタ」「ロイヤル」「アスリート」の3仕様が1車種に統合されてその変化に期待感が高まっている。

その期待が高い新型クラウン、オリジナルとは違う存在感を放つモデリスタバージョンも発表され、展示されていたRSボディの車全体から感じられる特別な風格に目を奪われることとなった。モデリスタのエアロで数多く採用されるメッキパーツだが、今回のクラウンでは通常のメッキパーツだけではなく初採用となる『漆黒メッキ』が採用されている。

    70~80年代のインドネシアにも「いつかはクラウン」はあった!?

フロントバンパーのラインに合わせて装飾された漆黒メッキはスタイリッシュさは当然のこと、その重厚感でクラウンの雰囲気を昇華させており、より強くより存在を際立たせていて躍動的でありシャープさと高級感を高次元のバランスでまとめ上げているのが印象的だ。

そしてフェンダー部分にも注目。本来であればボディ同色であるこの部分に、ブラックとメッキの大胆な縦型デザインとなるフェンダーガーニッシュを装着することで派手になりすぎず、よりスポーティーさを増すアイテムとして車の存在感が大きく飛躍する。

サイドスカートはフロントからの流れを意識したシャープなデザインであり、後方部にある漆黒メッキが流れるようなスピード感を演出していて、低くどっしりとした印象をもたらしてくれる。

リアバンパーはマフラーも交換するタイプとなっている。サイド部分にはシャープな造形に合わせて装飾された漆黒メッキがあしらわれていて、センター部分のフローティングデザインによりリアスタイリングの一体感が飛躍的に向上しており、後方から見るその存在感はクラウンの魅力を別のベクトルで昇華している。

新型クラウン モデリスタRSボディverは大人のドレスアップという言葉がピッタリとくる魅力的な装いだ。

◆新型クラウン モデリスタRSボディver装着パーツ

●MODELLISTA エアロキット 塗装済:35万7480円 素地:33万1560円

フロントウイングスポイラー/サイドスカート/リアスタイリングキット

●クールシャインキット 6万9120円

フォグベゼルガーニッシュ/ミラーガーニッシュ/フェンダーガーニッシュ

●19インチアルミホイール&タイヤセット 39万9600円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 藤澤純一@Mycar-life)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します