現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ クラウン 新型、秋山チーフエンジニア「世界中どこでも戦えるクルマを目指した」

ここから本文です
ニューモデル 2018.6.26

トヨタ クラウン 新型、秋山チーフエンジニア「世界中どこでも戦えるクルマを目指した」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は6月26日、『クラウン』を5年半ぶりに全面改良し、発売した。15代目となる新型クラウンは、これまでと同様に国内専用モデルとしての位置づけは変わらないが、秋山晃チーフエンジニア(CE)は「世界中どこでも戦えるクルマを目指した」と語る。

というのも「14代目では革新にチャレンジして従来のクラウンのお客様からは絶大な支持を頂いたが、残念ながら新しいお客様がついてきてくれないという悩みがあった。新しいお客様、とりわけ輸入車のお客様を獲るには対等以上に戦えないといけない」からだ。

    完全刷新クラウン 車幅と最小回転半径にクラウンイズムを残す

さらに「新型クラウンのプラットフォームはGA-Lのナロー版という頭出しになる。このプラットフォームはクラウンだけが使うものではないので、プラットフォームの素性を大きく向上させるというのも私のタスクのひとつだった」とも。

このため「15代目の開発に関して私は世界中どこでも戦えるクルマにしよう。世界基準をすべて凌駕するクルマを造るぞということを心に決めた」と秋山CEは明かす。

そこで「走行性能で狙ったのは一発で決まる正確でシャ-プなステアリングと、低速から走行まで目線の動かない安定した走り」とした上で、「通常プラットフォームを熟成させるのに10年かかるといわれているが、私は初めに出すクラウンで、この素性を一気に引き上げてやろうということで、徹底的に細部までこだわり鍛え上げてきた」という。

さらに「我々は世界一過酷なサーキットと言われているニュルブルクリンクにプラットフォームのポテンシャルを試しに来た。ステアリング、アクセルすべてのつながり、あとは駆動系のつながり、エンジンが急に吹き上がったりしないかとか、そういったつながりも仕上げて、満足のいくレベルにしてニュルに持っていったが、正直言って、これだけ走れるとは思っていなかった」と、秋山CEは振り返る。

その結果、「びたっと目線を動かさずにフラットに走らせて、しかもハンドルを切ったらきちんと動ける。これは欧州車にも負けない」クルマに仕上がったという。

新型クラウンには3つのパワートレインが設定されている。秋山CEの解説によれば「ひとつめは力強くダイレクトな加速と10速のリズミカルな変速でハイブリッドの従来イメージを一掃するV型6気筒3.5リットルマルチステージハイブリッド。ふたつめは優れた動力性能と低燃費を両立する2.5リットルダイナミックフォースエンジンを搭載したハイブリッド。そして最後は軽快な走りを演出する2リットル直噴ターボエンジン」とのことだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 小松哲也)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • civ*****|2018/06/26 19:09

    違反報告

    クラウンに限った事ではないが、国産メーカーが外車を意識して良い車を造ろうとするのはいい事だ。
  • roy*****|2018/06/26 18:30

    違反報告

    アウディの新型かと思った。
  • qq4*****|2018/06/26 17:35

    違反報告

    クラウン
    いい車ですね。
    けどレクサスがあるので
    クラウンが必要なのか疑問…

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します